このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
和歌山県立図書館 (2110042)管理番号
(Control number)
和図-17-0052
事例作成日
(Creation date)
2017年11月15日登録日時
(Registration date)
2017年11月29日 09時29分更新日時
(Last update)
2017年12月02日 17時49分
質問
(Question)
自動車追突事故の評価損の判例がわかる本はあるか。
回答
(Answer)
1.『交通事故損害賠償の手引 最新版<2015年改訂> 解説編・判例編・資料編』(淀屋橋法律事務所/監修・執筆 企業開発センター 2015年)
p53-55に評価損についての説明があり、p359-373に「車両の評価損に関する裁判例」が「評価損肯定例」と「評価損否定例」に分けて掲載されている。判決の要旨、車種、購入から事故までの期間、評価損として認めた額等も掲載されている。

2.『交通事故物的損害の認定の実際 理論と裁判例』(園部 厚/著 青林書院 2015年)
p57-74に具体的な裁判例が31例記載されている。

3.『わかりやすい物損交通事故紛争解決の手引』(園部 厚/著 民事法研究会 2010年)
p14-19に「評価損認定裁判例」が記載されている。

4.『交通事故実務マニュアル 民事交通事件処理』(東京弁護士会法友全期会交通事故実務研究会/編集 ぎょうせい 2012年)
p197-200に評価損の算定や判例の傾向について記載されている。

5.『要約交通事故判例140』(高野 真人/著 学陽書房 2014年)
p285-286に「評価損が認定される場合」について、一例の事案および判決、コメントが記載されている。

6.『交通事故の法律相談』(大嶋 芳樹/著 学陽書房 2016年)
p243-245に評価損の算定(修理費の何パーセントか等)別の裁判名について記載されている。ただし、判決の詳細については記載されていない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000225589解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!