このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2017口頭0801
事例作成日
(Creation date)
2017/7/15登録日時
(Registration date)
2017年08月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年08月17日 19時53分
質問
(Question)
生まれてから毎年の自分の誕生日の天気図を見たいです。私の誕生日は1990年5月5日です。
回答
(Answer)
日本の過去の天気図を知るための資料として、インターネット情報1を紹介します。また紙媒体のものとして資料1・2を紹介します。
【 】内は国立国会図書館の請求記号です。末尾に*がついた資料は国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/ )国立国会図書館内限定公開資料です。インターネットの最終アクセス日は2017年7月15日です。

インターネット情報1 デジタル台風:100年天気図データベース(国立情報学研究所)( http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/weather-chart/

1883年3月1日以降の天気図を画像として閲覧できます。このデータベースの天気図画像データの原典は気象庁「天気図」です。詳細はデータベースの案内を御参照ください。
画面中央に日付検索欄があり、1990年5月5日と入力して検索すると、この日の「アジア太平洋地上天気図」「アジア太平洋高層天気図850hPa」などの天気図を閲覧できます。同様にして、その後の毎年の誕生日の天気図も調べることができます。

資料1 『気象要覧 = Geophysical review』(気象庁 月刊 【Z15-115】*)

第617号(昭和26(1951)年1月号)~第1240号(平成14(2002)年12月号)に、同月分の毎日の天気図が掲載されています。廃刊後の天気図は、気象庁ホームページ( http://www.jma.go.jp/jma/index.html )>「日々の天気図」( http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/hibiten/index.html )に引き継がれています。

1990年5月5日の天気図については、第1089号(平成2年5月)に掲載があります。目次に「天気状態」があり、5月5日の天気図はp.12の「日々の天気図(1~12日)」に掲載があります。同様にして、その後の毎年の誕生日の天気図も調べることができます。

資料2 『10年天気図 : 明日の天気がひと目でわかる!』(森田正光 著・監修 小学館 1996.12【ME171-G8】)

第五章「10年間の天気図」に昭和61(1986)年~平成7(1995)年の毎日の天気図が日付順に掲載されており、同じ日付の10年間の天気図が1ページにまとめられています。5月5日の天気図はp.198に掲載があり、1990年から1995年の6年分の誕生日の天気図をまとめて見ることができます。

次の国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」内の調べ方案内でも、日本の過去の天気図について調べるための資料・インターネット情報源を紹介しています。
・調べ方案内「日本の過去の天気図」( http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-646.php

リサーチ・ナビでは調査のポイントや参考資料、専門室の情報、便利なデータベースの紹介、使えるWebサイトの案内など、調べものに役立つ情報を提供しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
天気図
気象
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000220671解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!