このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-002009
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2017年08月02日 16時37分更新日時
(Last update)
2017年12月13日 15時04分
質問
(Question)
都都逸「恋し恋しと鳴く蝉よりも、鳴かぬ蛍が身を焦がす」の成立について知りたい。
回答
(Answer)
・『虫曼荼羅』岩下均 著 春風社 2004年
 p.9「今日の民謡の直接の祖ともいうべき、江戸中期の六八か国、三九八首の民謡を集めた『山家鳥虫歌』には、よく知られた「恋に焦がれて鳴く蝉よりも、鳴かぬ蛍が身を焦がす」(初出は室町時代の歌謡集『閑吟集』。一五一八年)という歌が収められている。」と記述あり。

・『山家鳥虫歌 近世諸国民謡集』浅野健二 校注 岩波書店 1984年
 「〔畿内五国〕山城国風」の章で、
 p.23に「恋に焦がれて鳴く蝉よりも、鳴かぬ蛍が身を焦がす」の歌と注釈が掲載されている。
「和歌の世界では、…(略)…蝉と蛍は恋情に焦がるる虫として対照されるが、これも室町小歌から近世歌謡まで広く愛唱された名歌。特に「鳴かぬ蛍」は忍ぶ恋の歌として、『源氏物語』蛍巻の「声はせで身をのみ焦がす蛍こそいふよりまさる思ひなるらめ」以下、諸歌謡集に散見する。」と記述あり。
 補注としてp.257に、「『閑吟集』『宗安』「わが恋は水にもえたつ蛍々、ものいはで笑止の蛍」。『隆達』「とぶ蛍、なにを思ひて身をこがす、我は恋路に身をやつす」。『広島藩御船歌集』切歌「こがれこがれてなく蝉よりもゑ、鳴かぬ、蛍が身を焦がす」。その他、初句が「声にあらはれ」または「恋しゝと」の形で、『松の葉』巻五・古今百首投節、『小歌志彙集』元禄正徳頃の流行歌「落ちよ節」、『船枕』川方・真糸ぶし、『延享五』、『麓廼塵』土手節、『潮来風』などにも見え、現代民謡にも遣っている。」と記述あり。

・『校註 松の葉』藤田徳太郎 校註 岩波書店 1984年
 p.126(「松の葉 第五巻」古今百首投節)に、「聲に現れ鳴く蟲よりも、云はで蛍の身を焦がす」が掲載されている。

・『閑吟集』浅野建二 校注 岩波書店 1989年
 p.66に、「我が恋は 水に燃えたつ蛍々 物言はで笑止の蛍」が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
民謡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000219776解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!