このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京国立近代美術館アートライブラリ (4110009)管理番号
(Control number)
honlib-2017-005
事例作成日
(Creation date)
2017年07月22日登録日時
(Registration date)
2017年07月29日 14時58分更新日時
(Last update)
2018年06月23日 16時36分
質問
(Question)
GHQがおこなった美術政策や美術振興について書かれた資料があれば読みたい。
回答
(Answer)
【資料1】~【資料4】を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
当館OPACにてキーワード「GHQ 美術」にて検索し、【資料1】がヒットした。
続けてキーワード「戦争 日本 美術」にて検索し、検索結果一覧から【資料2】を参照。GHQについての記述箇所があった。
次に、CiNii Articlesにてキーワード「GHQ 美術」にて検索。ヒットしたうち、美術政策がテーマではないようだが、GHQと美術に関連する論文として、冊子体の所蔵のある【資料3】および、オンラインで閲覧ができた【資料4】を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】佐藤香里. GHQの美術行政--CIE美術記念物課による「美術の民主化」と矢代幸雄. 明治美術学会, 2003.12. 近代画説 : 明治美術学会誌 12号 p. 80-95 (当館請求記号 ZW||キ)
【資料2】針生一郎 [ほか] 編. 戦争と美術 : 1937-1945 改訂版. 国書刊行会, 2016.12. (当館請求記号 119018851, 当館資料番号 702.16||H33)
【資料3】佐藤 直子. GHQ/SCAPと工芸技術 : <無形文化財>という概念の誕生をめぐる考察. 京都国立近代美術館, 2013. Cross sections 6 p. 16-53 (当館請求記号 MB||NMA2)
【資料4】増子 保志. GHQと153点の戦争記録画--戦争と美術. 日本大学大学院総合社会情報研究科, 2007-02. 日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 (7) p. 13-22 (2017年7月29日確認)
キーワード
(Keywords)
GHQ
美術政策
美術振興
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219498解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!