このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
A170411161427
事例作成日
(Creation date)
2017-04-15登録日時
(Registration date)
2017年05月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年05月18日 00時30分
質問
(Question)
下記の資料について、目次内容の調査願います。

書誌 :大戦中在独陸軍関係者の回想.
出版社:伯林会
出版年:1981年
回答
(Answer)
ご照会の資料の、目次内容は以下のとおりです。なお、目次はpp.[5]-[6]に記載があります。
ページ付けのないページは[]で補いました。

1.巻頭の辞 石川省三 pp.3-4
2.口絵写真 横川善 pp.[7]-[10]
3.伯林春秋 pp.11-12
4.一般経過の概要 pp.13-39
5.回想録(筆者アイウエオ順) pp.40-257
(1)在独時のことども 阿久津正蔵 pp.40-53
1.穀物研究所での研究 pp.41-42
2.食糧問題と情報活動 pp.42-47
3.駐在員同志のことども pp.47-50
4.ヒットラーの伝言と代言 pp.51-52
5.マックァーサーの顧問 pp.52-53
(2)滞欧回顧 石毛省三 pp.54-78
私の第二次滞欧 pp.55-72
私の第一次滞欧 pp.72-75
追記 pp.76-78
(3)戦時下ドイツの想い出 伊藤清一 pp.79-88
(4)独乙敗戦前後の想い出 内田藤雄 pp.89-92
(5)昭和18年(1943年)夏の長距離機(A-26)
通称「セ」号機の壮挙 故大谷修 pp93-102
(6)滞欧追想 故小川季男 pp.103-112
(7)弾丸の革命児「タ弾」について 落合武夫 pp.113-118
(8)伯林回顧(職務と余技) 川喜多四郎 pp.119-123
(9)独、伊駐在員の生活 菊池武信 pp.124-127
(10)滞欧回想 木下利貞 pp.128-137
1.バードガスタインへの食糧運搬 pp.129-130
2.戦時中のI.G.法石炭液化技術の導入経過 pp.131-137
(11)遺独連絡使の一人としての回顧 甲谷悦雄 pp.138-141
(12)滞欧回想 故小松光彦 pp.142-176
1.第二次在独時代の思い出 pp.142-168
2.ベルリン脱出よりチロル生活の思い出 pp.168-171
3.米国抑留生活と東京帰着の思い出 pp.171-176
(13)回想 感想 雑記 桜井信太 pp.177-188
(14)滞独雑感 清水武男 pp.189-193
(15)私の覚え書き 中村新 pp.194-196
(16)ヒットラーの軍事的失策と不運及び滞独雑感 西久 pp.197-201
(17)渡欧記 故西畑正倫 pp.202-206
(18)伯林時代の回顧 服部惣九郎 pp.207-210
(19)伊-29号による貴国と伯林の思い出 花岡実業 pp.211-221
(20)丸腰組のドイツ敗戦日記 坂尚敏 pp.222-234
(21)私の滞欧回顧録 北条円了 pp.235-252
(22)独乙と私 三上良臣 pp.253-255
(23)志津野嘉定氏よりの通信 pp.256-257
6.あとがき 木下利貞 pp.258-260
7.伯林会名簿 pp.261-262

当館請求記号 GA87-22
タイトル 大戦中在独陸軍関係者の回想
出版事項 東京 : 伯林会, 1981.12
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
CiNii:該当無し
福岡県内公共図書館:所蔵無し
NDL OPAC:現物貸借不可、複写のみ可
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000216274解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!