このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-15-079
事例作成日
(Creation date)
2016年1月6日登録日時
(Registration date)
2017年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年08月14日 22時09分
質問
(Question)
浅間山の天明大噴火(1783)を描いた江戸時代の絵図でデジタル資料があるか。
回答
(Answer)
(浅間岳焼)天明信上変略記 天明信州上州変略記 写』【最終確認2022.8.6】には噴火の場面がある。信州デジタルコモンズの解説は次のとおり。
    浅間焼け天明信州上州変略記。天明3年(1783)4・5・6月噴火、7月5~8日大噴火、軽井沢宿・
   峠町に大石・火玉降り家多数焼け潰れ、碓氷峠道途絶、佐渡への囚人駕籠は高崎へ帰る、大名行列
   も滞る、11月頃道は開けたが馬無く御用継送りは背負い歩いて運ぶ。北上州へ噴石等押出し、すべ
   ての穀物は高値となり、庶民困窮し、騒動が9月29日の夜から上州で起り、酒屋・穀屋等焼き払われ
   る。騒動は信州へも及び、沓掛宿の蔦屋、岩村田宿布袋屋等が潰される。佐久郡被害村16、小県郡
   10ヶ村、両郡合わせて62軒が焼かれたり潰されたりした。これに対し上田藩が暴徒を阻止、松代・
   松本・高島藩なども兵を出して固め、沈静化した。高崎から軽井沢迄作物は皆無。暮の餅つきなし年
   始の礼も中止。木曾では尾州侯が一人宛て一合の米を出し毎日粥にして施した。川上筋では藁餅をこ
   しらえて飢えを凌ぎ、このため藁がなくなり馬の餌なく、松葉を食わせたという。
                       (丸山清俊資料[0-6/222/14]  長野県立歴史館所蔵)
回答プロセス
(Answering process)
1 当館が運営するデジタルアーカイブサイト「信州デジタルコモンズ」で、「浅間」をキーワードに検索。【最終確認2022.8.6】

2 当館資料では「浅間山焼候節書附」[N453.8/10]、「浅間山大焼前代未聞記」[N453.8/6]などがあるが、噴火の図はなし。【最終確認2022.8.6】
 丸山清俊資料(当館から長野県立歴史館に移管)に『(浅間岳焼)天明信上変略記 天明信州上州変略記 写』があり、噴火の場面の絵図がある。また、浅間山焼上之図(坂本・安中を中心)が見つかるが、何時の噴火を描いたものかは不明。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地震学  (453 10版)
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
浅間山
噴火
天明
浅間大焼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000213218解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!