このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-14-171
事例作成日
(Creation date)
2014年11月27日登録日時
(Registration date)
2017年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年01月23日 13時25分
質問
(Question)
小林一茶が文化十年に作った「むまそうな雪がふんわりふわり」で始まる俳句は、どうして「うまそうな」ではなく「むまそうな」なのか。この時代「むまそうな」というのか。
回答
(Answer)
『日本国語大辞典 第2巻』第2版 小学館国語辞典編集部編 小学館 2001【813.1/シヨ/2】p.409に「うま・い」【旨・甘・味・美】平安以降には「むまし」とある。また、『日本国語大辞典 第12巻』 第2版 小学館国語辞典編集部編 小学館 2001【813.1/シヨ/12】p.1028にも「むま・い」【旨・甘・味・美】⇒うまい(旨) とある。

 『一茶秀句選』丸山一彦著 評論社 1975【N913/325】p.116に「54 むまさうな雪がふうはりふはりかな」の句があり、『七番日記』にこの句形で出ていると載っていた。また「うまさうな雪やふふはりふふはりと(隋斎筆紀)」と「むまさうな雪がふうはりふうはりと(文政版句集)」などと、幾度か改作を試みていると記載がある。p.117に「出典 『七番日記』 文化十年閏十一月の作」と載っていた。

 『一茶大事典』矢羽勝幸著 大修館書店 1993年【N913/689】p.477-491「著作解題」のうち、p.486の『隋斎筆記(ずいさいひっき)』の項には「巻初に 文化八年 隋斎筆記 抜書」とあり、
    夏目成美(随斎)の文化八年における諸国俳人秀句控より一茶が抄録、さらに加えて一茶が文通、
   見聞等で得た諸家作品をメモ(後半は地域別に分類)したもの。(-中略-)「化政期俳人句録」と
   いう別称もある。
と記されている。これにより『七番日記』は『隋斎筆記』より後に作られたことがわかる。また、小林一茶が『七番日記』の時点では「うまさうな」より「むまさうな」を選んで改作したと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
1 『一茶秀句選』p.116に「54 むまさうな雪がふうはりふはりかな」の句を確認した。幾度か改作を試みていることがわかる。『七番日記』にこの句形で出ていると載っていた。

2 「むまさうな」が聞きなれない言葉から、「むまい」もしくは「むまし」でNDC分類810の書棚で、江戸時代の言葉の辞典類を調べるも記載なし。

3 『日本国語大辞典 第2巻』第2版を調査。p.409に「うま・い」【旨・甘・味・美】平安以降には「むまし」とも表記と確認。第12巻p.1028「むま・い」【旨・甘・味・美】⇒うまい(旨)と確認。

4 『随斎筆記』が作られた時期を調べることとし、『一茶大事典』矢羽勝幸著 大修館書店 1993【N913/689】で確認。p.486に『隋斎筆記』の作成時期を確認。「うまさうな雪やふふはりふふはりと」より「むまさうな雪がふうはりふうはりと」のほうが後に作られたとわかる。

<調査資料>
・『江戸語東京語の研究』松村明著 東京堂出版 1998 【810/マア】
・『江戸時代用語考証事典』池田正一郎著 新人物往来社 1984 【810.25/イシ】
・『江戸時代語辞典』潁原退蔵著 角川学芸出版 2008 【813.6/エタ】
・『江戸語辞典』大久保忠国編 東京堂出版 1991 【813.6/オタ】
・『日常語語源辞典』鈴木棠三著 東京堂出版 1992 【812/スト】
・『語源辞典 形容詞編』吉田金彦編 東京堂出版 2000 【813.6/ゴゲ/3】
・『現古辞典 現代語から古語を引く』古橋信孝著 河出書房新社 2012 【813.6/フノ】
・『身近なことばの語源辞典』西谷裕子著 小学館 2009 【813.6/ニヒ】
・『新明解語源辞典』小松寿雄編 三省堂 2011 【813.6/コヒ】
・『暮らしのことば新語源辞典』山口佳紀編 講談社 2008 【813.6/ヤヨ】
・『現代語から古語を引く辞典』芹生公男編 三省堂 2007 【813.6/セキ】
・『日本語源広辞典』増井金典著 ミネルヴァ書房 2012 【813.6/マカ】
・『一茶秀句』加藤楸邨著 春秋社 1964 【N913/177】
・『一茶集 古典俳文学大系』小林一茶著 集英社 1970 【N913/268/1】 
・『新訂 一茶俳句集』小林一茶著 丸山一彦校注 岩波書店 1991 (ワイド版岩波文庫81) 【N913/962】
・『一茶句集 現代語訳付き』
      小林一茶著 玉城司訳注 角川学芸出版 2013(角川ソフィア文庫) 【N913/1276】
・『要説 芭蕉・蕪村・一茶集』日栄社編集所著 日栄社 1964 【N913/970】
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本大歳時記』講談社「冬の雪の中に」に「むまそうな雪がふんわりふわり」とあり「ふんわりふわり」の解説はあったが「むまそうな」の解説はなかった。
『一茶の総合研究』矢羽勝幸編 信濃毎日新聞社 p189に「むまそうな雪がふんわりふわり」の句は載っていたが「むまそうな」の解説はなかった。
NDC
詩歌  (911 10版)
語源.意味[語義]  (812 10版)
語彙  (814)
参考資料
(Reference materials)
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第2巻 第2版. 小学館, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002966612-00 , ISBN 4095210028 (【813.1/シヨ/2】p.409)
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第12巻 第2版. 小学館, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003052601-00 , ISBN 4095210125 (【813.1/シヨ/12】p.1028)
丸山 一彦/著 , 丸山 一彦 , 丸山 一彦. 一茶秀句選. 評論社. (評論社の新書 106)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059196248-00  (【N913/325】)
矢羽勝幸 著 , 矢羽, 勝幸, 1945-. 一茶大事典. 大修館書店, 1993.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002267182-00 , ISBN 4469012378 (【N913/689】p.477-491)
キーワード
(Keywords)
小林一茶
俳句
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000213093解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!