このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-一般292
事例作成日
(Creation date)
2016年07月28日登録日時
(Registration date)
2016年08月25日 11時05分更新日時
(Last update)
2016年08月25日 11時05分
質問
(Question)
江戸時代後期、外国船の脅威を退けるためにアームストロング砲を自前で作った藩があり、鋳造のため佐賀藩、伊豆韮山、薩摩藩などで反射炉が作られた。これらの反射炉が作られた順序が知りたい。
回答
(Answer)
「反射炉」に関する次の資料を確認。

◆『反射炉 1』(金子功 法政大学出版局 1995)
 「第3章 日本最初の佐賀反射炉」など
◆『那珂湊の反射炉(ふるさと文庫)』(佐藤和賀子 筑波書林 1988)
 「三 諸藩の反射炉と高炉」(P21~)に、「嘉永三年(1850)佐賀多布施に最初の反射炉が築かれた」、「佐賀藩に続いたのは薩摩藩である…反射炉は嘉永五年に着工した。」、「伊豆韮山の反射炉は…江川坦庵を中心に佐賀藩の技術協力を得て、嘉永六年から築造の準備がはじめられた。」とあった。

また、「製鉄」からもアプローチしてみる。

◆『鉄の辞典』(朝倉書店 2014)
 P72「4.7幕末・明治期の溶鉱炉」に、「佐賀藩藩主の鍋島直正は1850(嘉永3)年に佐賀城北の築地に反射炉を着工している」、「佐賀藩に続いて、1852(嘉永5)年に反射炉を築いた薩摩藩の島津斉彬」、「1853(嘉永6)年には伊豆の韮山に江川英龍(坦庵)、英敏の親子が佐賀藩の技術援助を受けて、反射炉を完成させている」とあった。

以上から、佐賀藩(嘉永3年)→薩摩藩(嘉永5年)→伊豆韮山(嘉永6年)の順であることがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
鉄鋼  (564 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『反射炉 1』[210.5/カ-1・1110327556]
【資料②】『反射炉 2』[210.5/カ-2・1110327564]
【資料③】『那珂湊の反射炉』[AL/564/サ・1110695507]
【資料④】『鉄の辞典』[R/564.0/テ・111425202]
キーワード
(Keywords)
反射炉
鉄 歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000196368解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!