このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195899
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-055
事例作成日
(Creation date)
2016年06月30日登録日時
(Registration date)
2016年08月16日 16時41分更新日時
(Last update)
2017年03月08日 14時37分
質問
(Question)
定家の「明月記」に超新星爆発の記述があるらしいが、その部分の原文または現代語訳が読みたい。
堀田善衛著「定家明月記抄(全)」新潮社によると、寛喜2年(1230年)10月末とあるが、原文・現代語訳で該当する箇所を探している。
回答
(Answer)
質問に該当する記述がある以下の資料を紹介した。
『明月記 第3』(藤原定家著 国書刊行会 1978)
 p251-253に該当箇所の漢文あり。
『訓読明月記 5』(藤原定家〔原著〕 今川文雄訳 河出書房新社 1978)
 p197-199に該当箇所の読み下し文あり。
『定家『明月記』の天文記録 古天文学による解釈』(斉藤国治著 慶友社 1999)
 p156 「92.〔客星暁夕東西天に出づ〕」以降に該当箇所の読み下し文あり。天文現象の記事を拾い出したもので、全文ではない。

備考に追記あり。(2016/11/12)
回答プロセス
(Answering process)
1 質問者確認資料を再確認する。
『定家明月記私抄 続篇』(堀田善衛著 新潮社 1988)
 質問者調査済み資料と同内容の資料である。
 p248「寛喜二年記(1)」に「十月末には、夜天に「客星(かくせい)」があらわれた。客星とは彗星、あるいは新星のことで、斉藤国治氏の検証によれば、今日で言うところの、超新星(スーパーノバ)の大爆発が起り、」とあり。
 p251「十月廿八日に客星、すなわち超新星爆発があったせいではなくて、」とあり。
 p252の注釈によると、「斉藤国治氏の検証」とは、「斉藤国治著『国史国文に現れる星の記録の検証』のこと。

『国史国文に現れる星の記録の検証』(斉藤国治著 雄山閣出版 1986)
 p235 「本書に掲載した天文記録の出典一覧」で「明月記」を出典としている箇所を確認し、該当ページを確認したが、客星や超新星爆発の記述は見当たらず。

2 『明月記』関連資料を確認する。
『定家『明月記』の天文記録 古天文学による解釈』(回答資料)
 超新星爆発について書き下し文と解説あり。

3 『明月記』を確認する。
『明月記 第3』(回答資料)
 p253 寛喜2年11月8日の条に「客星出現例」あり。『定家『明月記』の天文記録 古天文学による解釈』に書き下し文が掲載されていた箇所の原文あり。

『訓読明月記 5』(回答資料)
 p197 「寛喜二年十一月一日」に「廿八日、西方に客星出づ。甚だ不吉の事と云々。」と記述あり。
 p198 「五日」に「寄星の事、先例寛平九年・延長八年・寛弘三年・永万・治承三年に此の事有り。」と記述あり。
 p199 「八日」に「客星出現の例」として、以下8例について記述があるが、「五日」記述の5例と年号に差異がある。
 「皇極天皇元年秋七月」「陽成院貞観十九年正月廿五日」「宇多天皇寛平三年廿九日」「醍醐天皇延長八年五月以後七月以前」「一条院寛弘三年四月二日」「後冷泉院天喜二年四月中」「二条院永万二年四月廿二日」「高倉院治承五年六月廿五日」

4 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈明月記 & 超新星爆発 & 1230年〉で検索する。
個人ブログ中に『朝日新聞』2014年7月28日記事「“切り張り”のおかげ?で貴重記録残った 定家の明月記」の引用あり。

5 朝日新聞の縮刷版を確認する。
『朝日新聞縮刷版 2014年7月』(朝日新聞社 2014)
 p1522(2014年7月28日夕刊10面)「定家「明月記」輝く切り張り」の記事あり。
 明月記に超新星の記述があるが、自身の記述ではなく、陰陽師(天文博士)に調べさせた報告文をそのまま貼った可能性が高いという記事である。

調査済み資料
『明月記研究提要』(明月記研究会編 八木書店 2006)
『明月記の史料学』(五味文彦著 青史出版 2000)
『藤原定家明月記の研究』(辻彦三郎著 吉川弘文館 1977)
『歴史物語講座 7 時代と文化』(歴史物語講座刊行委員会編 風間書房 1998)
 p205-220「明月記」あり。超新星爆発に関する記述なし。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年6月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日記.書簡.紀行  (915 9版)
日本史  (210 9版)
恒星.恒星天文学  (443 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明月記 第3』(藤原定家著 国書刊行会 1978)
『訓読明月記 5』(藤原定家〔原著〕 今川文雄訳 河出書房新社 1978)
『定家『明月記』の天文記録 古天文学による解釈』(斉藤国治著 慶友社 1999), ISBN 4-87449-029-8
キーワード
(Keywords)
明月記
藤原 定家(フジワラ サダイエ)
超新星
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター様より情報提供あり。以下、調査情報の本文。(2016/11/12)

既にご解決済みの事例ですが、原文につきましては、
国立国会図書館デジタルコレクションで画像が公開
されていた下記文献もありました。

《国会図書館デジタルコレクション》
「明月記 第3」(藤原定家著 国書刊行会, 1912)
(国書刊行会刊行書)
 p251-253
 寛喜二年十一月
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991255/128
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991255/129
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000195899解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!