このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16052710380026
事例作成日
(Creation date)
2016/06/15登録日時
(Registration date)
2016年07月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時31分
質問
(Question)
昭和25年12月20日岡山市西古松の聾学校寄宿舎火災で学童16名が焼死したが、その慰霊碑のようなものはあるか。
回答
(Answer)
 資料①~③によれば、岡山県立岡山聾学校は、明治41年「私立岡山県教育会附設盲亜院」として岡山市一番町に設立、昭和2年、県立となり「岡山県盲亜学校」、昭和6年に同市西古松に移転、昭和23年盲学校と聾学校を分離し、「岡山県立岡山聾学校」となった。昭和25年12月20日、寄宿舎が全焼し、学童16名が焼死した。これに対し、地元新聞社等が義援金を募り、寄せられた義援金の一部で「十六学童の碑」が建てられた。同校は、昭和47年に岡山市土田の新校舎に移転したが、碑は同年12月20日に新校舎に移転した。
 なお、『十六学童の慰霊碑が語ること 岡山聾学校寄宿舎火災から得た教訓』(DVD1枚)があり、パッケージに同碑の写真がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
障害児教育[特別支援教育]  (378 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『岡山県立岡山聾学校創立七十周年記念誌』同,1978,142-150p,
②『岡山県立岡山聾学校創立八十周年記念誌』同,1988,185-187p
③『九十年のあゆみと今 創立90周年記念誌』同,1999,19p
④『十六学童の慰霊碑が語ること 岡山聾学校寄宿舎火災から得た教訓』(岡山県聴覚障害者センター,2014、DVD1枚,27分)
キーワード
(Keywords)
岡山県立岡山聾学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016052710345280026
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生
登録番号
(Registration number)
1000195371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!