このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001352
事例作成日
(Creation date)
2015/03/20登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月05日 16時37分
質問
(Question)
『加賀野菜それぞれの物語』p94の「金時草」の節に「先日、玉川図書館で古い資料を調べていたところ、1枚の墨絵を見つけた。ふんどし一貫の北前船の船乗りの向こうに水を張った大きな桶があり、そこに植物がたくさんさしこまれているのである。その絵を見た瞬間、私の脳裏をこんな考えがよぎったものだ。-これは金時草だな。」とあるが、この絵を確認したい。
なければ北前船と金時草の関連性がわかるようなビジュアルな資料を確認したい。
回答
(Answer)
(1)北前船関連の資料、難船の資料、諸職風俗の図会、湊町の風景図等を確認するが、質問にあるような絵は見つからないので、現在までの刊行物には未収録と推定される。

(2)2011年8月14日放送 6:15 - 6:51 NHK総合「産地発!たべもの一直線」(TVでた蔵  http://datazoo.jp/tv/%E7%94%A3%E5%9C%B0%E7%99%BA%EF%BC%81%E3%81%9F%E3%81%B9%E3%82%82%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%9B%B4%E7%B7%9A/505520  確認日2015-03-20)
に「江戸時代の交易船・北前船が金沢に伝えたと当時の書物・農業開奩(れん)誌にも記されている。」とある。

(3)清水隆久編著『埋もれた名著「農業開奩志」』により、『農業開奩志』における金時草の記述を確認すると、p162に「水前寺菜」という項目で、栽培方法・名前の由来などが記載されているが、北前船が金沢に伝えたという記述はない。

(4)『水前寺菜の科学』によると、
①p10に、「想定図:スイゼンジナの渡来経路」(1837年Aboc作図の引用)という地図が掲載されており、そこに、台湾→琉球→肥後(熊本)→加賀(金沢)→江戸の経路が記載されている。
②しかし、同書本文の記述をみると、「金時草は江戸時代に栽培されていた記録がありますが、現在では金沢市地代町の木びき職人であった中田龍次郎氏が、大正時代に花園地区の畑に植えたのが始まりとされています。」(p59~60)とある。

以上、金時草を北前船が運んだことを証明する資料は、見つかりません。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
園芸.造園  (62 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 加賀野菜それぞれの物語 松下/良?著 橋本確文堂 2007.4 K626/1008

2 埋もれた名著「農業開奩志」 清水/隆久∥編著 石川農書を読む会 2014.6 K610/1007

3 水前寺菜の科学 清水/康弘?編著 矢原/正治?[著] アボック社 2012.7 K626/1011
キーワード
(Keywords)
金時草
水前寺菜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000190449解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!