このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
海みらい-000001
事例作成日
(Creation date)
2015/3/16登録日時
(Registration date)
2016年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年08月03日 00時30分
質問
(Question)
【金沢の広見について】  金沢の広見について知りたい。
回答
(Answer)
『こども金沢市史』  こども金沢市史編さん委員会/編 第2版(519220307)p268
「細く曲がりくねった小路をぬけると、広く開けた空間に出会うことがあります。これが「広見」と呼ばれる空間です。」と記載されている。また、藩政時代、金沢では火災が多く、火除けを目的に広見が作られたと言われていること、他にも高札を立てるため、馬車の回転をするためなど様々な使われ方をしてきたこと、現在では、残っている広見が地域の祭りやフリーマーケットなど、地域の人々のふれあいの場として活用されていることも掲載されている。

『金沢の家並 近代文学に見る原風景』 島村昇/著(519195429)p224~228
「広見は街路の交叉点のところが小広場のように広がっているところのことである。」と記載されている。また、成り立ちは諸説あり、戦略的な面や馬車の回転処、火消しの集結地点、辻説法の場などであったと言われていること、このような広見は、小路の多い街中では非常に貴重な空間であり、おそらく多目的で利用されていたであろうし、現代風に言えばコミュニティ広場のような役割を果たしていたと推測できることが掲載されている。
その他、秋声や犀星の作品の中で広見について触れた部分の引用や、形状についても掲載されている。

『金沢の広見』(119972893)
広見の成り立ち、地図、市内の各広見の特徴や住所などを紹介したパンフレット。

『金沢の広見を考える』(119972884)
広見の由来、分布、各種調査結果などをまとめた報告書。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000190337解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!