このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図15-02
事例作成日
(Creation date)
2015年05月28日登録日時
(Registration date)
2015年11月24日 16時48分更新日時
(Last update)
2015年11月24日 16時48分
質問
(Question)
超電導型核融合実験装置「JT-60SA」に関して、すでに日本で稼働中の軽水炉タイプの原子力発電所や高速増殖炉と比較してどのような違いがあるのか、テクノロジーの面から理解できる資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
①のウェブサイトと②、③の雑誌記事、④~⑥の図書を紹介した。

①日本原子力研究開発機構 核融合研究開発部門 炉心プラズマ研究( http://www-jt60.naka.jaea.go.jp/index.html  最終確認日:2015/11/24)

②「研究最前線 JT-60SAリサーチプラン」.『プラズマ・核融合学会誌』,88巻11号,p.650-678.

③大磯輝将.「国際熱核融合実験炉計画の始動-ITER機構の設立と「より広範な取組」」.『調査と情報』,No.577 (2007-3-28),p.1-10.

④『国際熱核融合実験炉(ITER)を語る』(科学技術政策研究所講演録295 池田要、文部科学省科学技術政策研究所企画課、2013)

⑤『原子力・量子・核融合事典 第1分冊』(原子力・量子・核融合辞典編集委員会、丸善、2014)

⑥『セラミックス機能化ハンドブック』(福長脩、エヌ・ティー・エス、2011)
回答プロセス
(Answering process)
検索エンジンで<JT-60SA>と検索したところ、JT-60SAの組み立てを行う那珂核融合研究所の母体、日本原子力研究開発機構のウェブサイト①がヒットした。このウェブサイトから、JT-60SA がITER(国際熱核融合実験炉)の支援研究(補完研究)であることが分かった。
次に、国立国会図書館サーチで<JT-60SA>と検索したところ②の特集記事がヒットし、<国際熱核融合実験炉>と検索すると、③の記事がヒットした。
当館所蔵の資料については、OPACで<核融合>と検索し、該当する記述のあった④、⑤の図書を選んだ。また、JT-60SAが「核融合」を利用し、軽水炉タイプや高速増殖炉が「核分裂」を利用していることが分かったため、物理や化学の参考図書の書架をブラウジングしていたところ、⑥のハンドブックに該当する記述が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
原子力工学  (539)
参考資料
(Reference materials)
日本原子力研究開発機構 核融合研究開発部門 炉心プラズマ研究 http://www-jt60.naka.jaea.go.jp/index.html  (最終確認日:2015/11/24) (→JT-60を含め、JT-60SAの装置に関する画像や動画が紹介されている。)
研究最前線 JT-60SAリサーチプラン. プラズマ・核融合学会誌 88(11) p. 650-678.
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I024121907-00  (→JT-60SAの計画や装置技術、制御などについて特集記事が組まれている。本文PDFはCiNii( http://ci.nii.ac.jp/ )で閲覧可能。)
大磯 輝将 , 大磯 輝将. 国際熱核融合実験炉計画の始動--ITER機構の設立と「より広範な取組」. 2007-03-28. 調査と情報(577) p. 1~10,巻頭1p
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I8690400-00  (→従来の原子炉との違い、ITER事業の概要について言及あり。本文PDFは国立国会図書館のウェブサイト( http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/issue2007.html  最終確認日:2015/11/24)で公開。)
池田要 [述] , 池田, 要, 1946-. 国際熱核融合実験炉 (ITER) を語る. 文部科学省科学技術政策研究所企画課, 2013. (科学技術政策研究所講演録 ; 295)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024659216-00  (→池田要氏(前ITER機構長)による2012年の講演の内容とスライドを収録。核融合やITERの技術面についても解説されている。)
原子力・量子・核融合事典編集委員会/編 , 原子力・量子‖核融合事典編集委員会. 原子力・量子・核融合事典 第1分冊. 丸善出版, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I061566348-00  (→核分裂(p.62-)と核融合炉(p.208-)の仕組みについての解説あり。
→P .264の表やp.267の図1には、JT-60SAについての項目がある。)
福長脩 [ほか]編 , 福長, 脩. セラミックス機能化ハンドブック. エヌ・ティー・エス, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011123484-00 , ISBN 9784860433505 (→セラミックス分野の辞典だが、「原子炉用核融合炉に適用されたセラミックス」という項目のp.582-592に核分裂(軽水炉、高速炉)と核融合との違いについて言及あり。)
キーワード
(Keywords)
核融合
核融合炉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!