このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179312
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000023921
事例作成日
(Creation date)
2015/08/26登録日時
(Registration date)
2015年09月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年11月18日 13時47分
質問
(Question)
職業と寿命は関係があるのか。参考になる資料を探している。
回答
(Answer)
現状分析を試みた論考がインターネット上で公開されていたので、そちらを紹介するとともに、発表から数十年以上経過しているため、下記の図書も併せてご覧いただいた。
「我が国における職業人の労働余命ならびに平均余命に関する研究」1~3 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jkmu1956/12/1/12_48/_pdf
「特定職域集団における死亡状況の観察」 https://www.jstage.jst.go.jp/article/joh1959/26/4/26_4_303/_pdf
「職業別男子就業者の簡易生命表」 http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/14193106.pdf
(以上の論考のほかに、雑誌記事検索で「職業 余命」等のキーワードを付与された記事情報もお伝えした)

厚生労働省ホームページで平成26年度(2014年度)の「過労死等の労災補償状況」が公表されている。
表1-2 脳・心臓疾患の業種別請求、決定及び支給決定件数
表1-2-1 脳・心臓疾患の請求件数の多い業種(中分類の上位15業種)

『国民衛生の動向2014/2015』(厚生労働統計協会)p331「表2定期健康診断実施結果(業種別)」

厚生労働省ホームページ「人口動態職業・産業別統計」平成27年度(2015年度)は調査予定で、過去データで一番新しいものは平成22年度(2010年度)。図は男女別で死因の構成割合(%)も載っている。
回答プロセス
(Answering process)
『厚生労働白書』平成26年版をご覧いただいたが載っていないようだった。さらに以前のものを確認したが該当するものは見当たらなかった。

『日本労働年鑑』第83集2013年版(旬報社)p136-143第1部第5章「V 労働災害・職業病」には、業務上疾病の発生状況や過労死等の請求件数、精神障害等の請求件数などの年間件数は載っている。業種別はなかった。

『現代労働衛生ハンドブック』(労働科学研究所出版部)p33に「日本の就業男子についての1980年職業別・産業別人口動態統計より作図した職業別にみた死因」という図があったので、インターネットで「職業別・産業別人口動態統計」を検索すると、厚生労働省ホームページに「人口動態職業・産業別統計」というタイトルでデータがあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『国民衛生の動向』2014-2015 厚生労働統計協会/編集(厚生労働統計協会) (331)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000179312解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!