このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2015-07
事例作成日
(Creation date)
2015/10/1登録日時
(Registration date)
2015年08月19日 14時32分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時28分
質問
(Question)
東京都港区六本木の地名は「××木」という武士が六人住んでいたからというのは本当か。
回答
(Answer)
 一般的に諸説伝えられる古い地名の由来は、どの説が正しいと断定するのは難しいといえます。この場合も(1)「木」と付く名前の武家屋敷があった(2)大木が六本あった(3)江戸六方の男達(おとこだて)が住んでいた等の説があります。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】『江戸・町づくし稿』中巻によると、古木の松が六本あったため(『御府内備考』)、「上杉・朽木・高木・青木・片桐・一柳」などの屋敷が六軒あったためで六本樹木があったわけではない、また江戸六方の男達(おとこだて)が住んでいたことから「六方気」が誤って「六本木」となった(『遊歴雑記』)という説を紹介。
【資料2】『角川日本地名大辞典』13(東京都)によると「松の大木が六本あった」等諸説あり。
【資料3】『江戸東京地名事典 新装版』によると「上杉・朽木・高木・青木・片桐・一柳」の大名屋敷があった。
【資料4】『東京の地名由来辞典』は大木説、武家屋敷説紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『江戸・町づくし稿』中巻 岸井良衛編 青蛙房 1975年 2136/310/2 p.135
【資料2】『角川日本地名大辞典』13(東京都) 「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1991年 2910/2/14-S00 p.761
【資料3】『江戸東京地名事典 新装版』菊地秀夫著 雪華社 1981年 2913/536/81 p.57
【資料4】『東京の地名由来辞典』竹内誠編 東京堂出版 2006年 2913/1069/006 p.446
キーワード
(Keywords)
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
港区公式ホームページ  https://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/gaiyo/chimerekishi/25.html  (2016/1/7確認)
港区立港郷土資料館  http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/muse/j/index.cgi  (2016/1/7確認)
港区立図書館  http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/j/index.cgi  (2016/1/7確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000178533解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!