このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20141003
事例作成日
(Creation date)
2014年10月03日登録日時
(Registration date)
2015年06月11日 16時30分更新日時
(Last update)
2015年06月23日 18時43分
質問
(Question)
「丼」という漢字がいつごろからどんぶりの意味を表す「丼」として使われるようになったか。もともとは「井」の異体字として使われていたものらしい。
回答
(Answer)
(1)『大漢和辞典 巻1』諸橋轍次/著 修訂版 1984 大修館書店 p337に「丼」掲載あり。「井(1-258)の本字」、「邦 どんぶり」とあり。
 p519に「井」記載あり。「丼(1-101)に同じ」とあり。
(2)『日本国語大辞典 第9巻(ちゆうひ-とん)』日本国語大辞典第二版編集委員会/編,小学館国語辞典編集部/編 第2版 2001 小学館 P1479に「どんぶり【丼】」掲載。「どんぶりばち」の意味の出典に、*随筆・耳嚢(1784-1814)、*鳩翁道話(1834)「「どんぶりもの(丼物)」の略」の出典に、*俳諧・二葉の松(1690)、*西洋道中膝栗毛(1870-76)*当世書生気質(1885-86)と記載。
(3)『語源大辞典』堀井令以知/編 1988 東京堂出版 p181に記載あり。「丼 寛文ごろの江戸で、ケンドンヤの名で、盛切りのめし、そば、うどんを売る店があった。客に突けんどんに盛切りのたべものを出したから、慳貪(けんどん)の名が付けられたという。盛切りの鉢をケンドン振りの鉢といったのが、上略してドンブリ鉢となり、ドンブリとなった。丼の字は、井戸の中に小石を落とすとドンブリと音がする意で作られた。」と記載。
--------------------------------------
2015年6月23日 レファ協事務局経由で、一般の方から下記資料に記載があるとの情報を頂きました。ありがとうございました。
『文字答問』(白川静 著. 平凡社, 2014.5)

福井県立図書館所蔵の上記資料p35-39「4 井と丼」を確認いたしました。
この章の初めには、次のように書かれています。
”古い字形と用法とによっていえば、井はもと刑罰の刑にあたる字で、丼が井戸を示す字であったのです。しかし後には井が井戸になり、丼はそれに釣瓶を加えた字として用いられる。私の知人に丼(いのもと)という姓の方があった。井に対して、丼が本字だという意味か、井上・井口・井尻などに対する語かとも思うのですが、本来は井と丼とは、本家・分家というような関係ではないのです。”

なお、「井と丼」の初出は、次の資料です。
『桂東雑記1』白川静/著 2003 平凡社
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (821 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000175771解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!