このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014138
事例作成日
(Creation date)
2014年05月21日登録日時
(Registration date)
2014年12月22日 15時51分更新日時
(Last update)
2020年02月19日 16時44分
質問
(Question)
南北朝時代から戦国時代にかけて活躍した、代表的な仏師の名前を知りたい。
回答
(Answer)
以下のような仏師の名が知られています。

〈南北朝~室町時代〉

院吉(いんきつ):足利尊氏が建立した天龍寺本尊釈迦三尊像、等持院本尊地蔵菩薩像などをつくる。
院広(いんこう):院吉の息子。福岡・大本山善導寺阿弥陀如来像などをつくる。
康誉(こうよ):1338年12月に東寺大仏師に補任される。福岡・大興善寺の如意輪観音像などをつくる。
康俊(こうしゅん):延文年間(1356~)に東寺大仏師。興福寺大仏師。大分・実際寺の釈迦如来坐像などをつくる。
尭円(ぎょうえん):京都・医王寺(1393年創建)の阿弥陀如来坐像などをつくる。
康成(こうせい):建武元年(1334年)に「南都大仏師法橋」を称す。奈良・金峯山寺仁王門金剛力士像などをつくる。

〈室町~戦国時代〉

 沙弥 仙算(せんさん)1454-?:海龍王寺地蔵院を工房とした仏像作家で僧侶。白毫寺、西大寺及び龍福寺の本尊格の古仏を修復再興する。
 東大寺大法師 実清(じっけい)1484-1555:天文七年(1538)に長谷寺本尊再興の沙汰を取り「真言随一、近来の名匠」と伝わる
 
その他「宿院仏師(しゅくいんぶっし)」と呼ばれる工人集団が活躍しました。
回答プロセス
(Answering process)
①仏師、彫刻ということで、分類7門の棚から関係のありそうな本を何冊か見る。

②仏教事典、美術事典を見る。

③『ほとけを造った人びと』の参考文献から「日本の美術」のシリーズを見る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
彫刻史.各国の彫刻  (712 8版)
叢書.全集.選集  (708 8版)
参考資料
(Reference materials)
『ほとけを造った人びと 止利仏師から運慶・快慶まで』 根立研介 吉川弘文館 2013 【718】
『日本彫刻作家研究 仏師系譜をたどって』 小林剛 有隣堂 昭和53 【R 712.8】
『中世彫刻史の研究』 清水眞澄 有隣堂 昭和63 【K 718】
『日本中世の仏師と社会 運慶と慶派・七条仏師を中心に』 根立研介 塙書房 2006 【K 712.1】
『仏教美術事典』 中村元ほか監修 東京書籍 平成14 【R 702.0】
「本朝大佛師正統系圖」(『続群書類従 第35輯 訂正版』 太田藤四郎補 塙保己一/原編 続群書類従完成会 1972) 【R 081.5】
『日本の美術 487 宿院仏師』 鈴木善博 至文堂 2006 【708】
『日本の美術 493 南北朝時代の彫刻』 山本勉 至文堂 2007 【708】
『日本の美術 494 室町時代の彫刻』 根立研介 至文堂 2007 【708】
「東寺大仏師職考補遺ー鎌倉から室町時代初頭にかけての動向を中心に」根立 研介(『仏教芸術 222号』 仏教芸術学会/編 毎日新聞社 1995年9月 【702.0】 4-620-90222-5)
キーワード
(Keywords)
仏師
宿院仏師 しゅくいん ぶっし
大仏師 だいぶっし
慶派 けいは
院派 いんぱ
七条仏師 しちじょう ぶっし
日本彫刻史
仏像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000165249解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!