このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
凸版印刷株式会社印刷博物館ライブラリー (4310008)管理番号
(Control number)
PML20140902-01
事例作成日
(Creation date)
2014/09/02登録日時
(Registration date)
2014年10月18日 17時27分更新日時
(Last update)
2021年10月19日 17時23分
質問
(Question)
エルヘート凸版について。
 技法や「エルヘート」の意味・語源について
回答
(Answer)
・日本印刷学会 編『印刷事典 第五版』(印刷局朝陽会、2002年)p.78「エルヘート凸版」
 技法(図版は無し)と語源 記載
 「エルヘートの語源はドイツ語のerhöhen(高める)から出たもの。」

・凸版印刷株式会社社史編纂委員会 編纂『TOPPAN1985 : 凸版印刷株式会社史』(凸版印刷、1985年)
  p.23~26「設立の趣旨とエルヘート凸版法」の本文中、
 「製版工程でハンダを盛り上げる(erhöhen)ところから、わが国では俗にエルヘート凸版法とよばれるものである。」

・大蔵省印刷局 編『大蔵省印刷局百年史 : 第1巻(大蔵省印刷局百年史)』(大蔵省印刷局、1971年)
 「第3章 郵便切手製造の濫觴と近代的製法の確立
   3、 西欧式凸版切手の製造と郵便はがき」内 「エルヘート凸版製造法」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・凸版印刷(株)の創業(1900年)の基礎となる当時最先端の印刷技術であり、社名の由来でもある
トッパンのあゆみ 沿革 1900年凸版印刷合資会社の設立 参照
    https://www.toppan.co.jp/about-us/history.html
・エルヘート凸版法再現時の社内資料(写真)および
2013年6月3日(月)から7月31日(水)まで、凸版印刷(株)のWebサイトで配信していた、
  動画コンテンツ『「印刷テクノロジー」の原点―エルヘート凸版法―』
  https://www.toppan.co.jp/news/2013/07/newsrelease130722.html
NDC
印刷  (749)
参考資料
(Reference materials)
日本印刷学会 編 , 日本印刷学会. 印刷事典 第5版. 印刷朝陽会, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003623736-00 , ISBN 4900175064 (S303-N)
凸版印刷株式会社社史編纂委員会編纂 , 凸版印刷株式会社社史編纂委員会 , 凸版印刷. TOPPAN1985 : 凸版印刷株式会社史. 凸版印刷, 1985.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I009671701-00  (B4-4-2-To65)
大蔵省印刷局. 大蔵省印刷局百年史 第1巻. 大蔵省印刷局, 1971.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001204580-00  (B4-4-2-O57-1971-1)
キーワード
(Keywords)
エルヘート凸版
凸版印刷
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
印刷博物館企画展「印刷と美術のあいだ キヨッソーネとフォンタネージと明治の日本」展(2014年10月18日~2015年1月12日)
 展示室にて「エルヘート凸版法の製版工程」工程写真と再現実験による銅版展示
 同展図録 p.44-45 「エルヘート凸版 エルヘート凸版法の製版工程」掲載
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
当館学芸員
登録番号
(Registration number)
1000161194解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!