このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中ー2014045
事例作成日
(Creation date)
2014年08月18日登録日時
(Registration date)
2014年08月18日 16時52分更新日時
(Last update)
2020年02月20日 18時28分
質問
(Question)
鎌倉簡易裁判所の敷地にある石碑について知りたい。骨がたくさん出てきた場所らしい。
回答
(Answer)
「万霊供養塔」(ばんれいくようとう)です。

江戸時代からたくさん骨の出てくる場所で、「骨塚」が建っていました。
昭和28年から3回にわたり発掘調査が行われ、大量の中世の人骨や牛馬の骨が出土しました。

これら無縁の発掘骨を供養するため、昭和37年6月に建立されました。
回答プロセス
(Answering process)
①石碑だというので、鎌倉にたくさんある青年会が建てた史跡の碑かと思ったが、人骨が出てきたというならそれではない。

②「かまくら子ども風土記」で簡易裁判所のあたりについて書かれた部分を見たところ、「万霊供養塔」だとわかった。
以前から「骨塚」があった場所らしい。

③「骨塚」で検索したところ、「鎌倉の「骨塚」に関する一考察」という本がヒット

④③の本を見る限り、現在「由比ヶ浜中世集団墓地遺跡」と呼ばれている遺跡の一部らしい。

⑤由比ヶ浜中世集団墓地遺跡の発掘調査報告書を見る

⑥中世の送葬や墓制について書かれた本を見る

⑦中世鎌倉の発掘について書かれた本を見る

⑧単純に史跡めぐりの本を見る
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
日本  (291 8版)
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 8版)
参考資料
(Reference materials)
『かまくら子ども風土記 第13版』 鎌倉市教育センター 鎌倉市教育委員会 2009 【K1 291.3】
『鎌倉の「骨塚」に関する一考察』 橋本幸雄 平成17 【K1 210.2】
『由比ヶ浜中世集団墓地遺跡』 玉川文化財研究所 2005 【K1 210.2】
『誰も書かなかった鎌倉』 金子晋 講談社 1983 【K1 291.3】
p108~ 万霊を弔う
『鎌倉史跡散策(上)深く歩く 増補版』 神谷道倫 かまくら春秋社 平成21 【K1 291.32】
p225~
『中世都市鎌倉 遺跡が語る武士の都』 河野眞知郎 講談社 1995 【K1 210.2】
『中世都市鎌倉と死の世界』 五味文彦 齋木秀雄編 高志書院 2002 【K1 385.6】
キーワード
(Keywords)
由比ガ浜
集団墓地
遺跡
鎌倉簡易裁判所
供養塔
人骨
中世考古学
由比ヶ浜中世集団墓地遺跡
骨塚
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生 社会人
登録番号
(Registration number)
1000158447解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!