このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知芸術文化センター愛知県図書館 (2110019)管理番号
(Control number)
愛知県図-03264
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年03月27日 10時22分更新日時
(Last update)
2020年12月03日 14時11分
質問
(Question)
愛知県には「圦」の付く地名が多いが、何か理由があるのか。
回答
(Answer)
「圦」は、「杁」(農地にため池から水を流すための水門の取り入れ口)を表す字の木偏を土偏に改めたもの。江戸時代に尾張藩が行った水利事業において、「杁」の新設が積極的に行われた。それに伴い、水を引き「入れる」という意味で、「杁」という漢字が尾張地方でつくられ、使われるようになった。そこから派生してできた「圦」は、尾張藩ではなく、幕府が権力を握っていた三河地方で使われるようになった。そのため現在でも、愛知県の三河地方では「圦」が付く地名が多く存在している。
回答プロセス
(Answering process)
1.参考図書で調べる
参考図書の棚で地名に関する辞典を探す。
『現代日本地名よみかた大辞典 2』【資料1】では、「圦」ではじまる地名が15件掲載されており、すべて三河地方の地名である。
『現代日本地名よみかた大辞典 3』【資料2】では、読みが同じで部首が違う「杁」ではじまる地名が48件掲載されており、すべて尾張地方の地名である。

2.地名の由来が書かれた資料を探す
キーワード「地名 愛知」、「地名学」で蔵書検索をして、『地名学入門』【資料3】を見つける。
【資料3】には、「杁」について「樋の口、水門のイリを入の字で表わしたものである。同時に、木製の水門であることを木偏であらわしたものである。圦と書くものもある。これも国字である。この字は水門の土手を土偏で表わしたのであろう。」と書かれている。

3.国字に関する資料を調べる
【資料3】より、「圦」は国字であることがわかったので、キーワード「国字」、分類811,2(漢字)で蔵書検索をして、『国字の位相と展開』【資料4】を見つける。
【資料4】では、「杁」と「圦」の歴史・用法について書かれており、「杁」について、「この字は、水門(用水路の取り入れ口、樋の口)や分水の樋を意味する「いり」という語を表記する字として、近世以降、文献や文書等に現れる。これは、「圦」と書かれることもあり、来現や字義から互いに異字体と見なすこともできるが、「杁」とは使用地域を異にするほか、異なる派生や衝突を引き起こすものである(笹原宏之(2003))。」とある。

「杁」と「圦」のなりたちについては、「水を入れるために「いり」と呼ばれ、それを表記するために、「樋」に改造を加え、旁に「入」を用いたと考えられよう。それに対して、「圦」は「杁」を、「いせき」の歴史的表記「堰」から「土偏」に改めたものではなかろうか。(中略)また「いり」は「多くは木造」で、出水に破壊されないように、「ねば土(年度)で固める」(『国史大辞典』「いり」)ことや水門の土手(鏡味明克(1987))であること、「木で樋をつくる」ことや「土中に樋を通して水を流す」(丹羽基二(1986))ことから、「木偏」や「土偏」は用いられるのであろう」とある。

また、「尾張では、1608(慶長13)年、伊奈備前が木曽川から引水する丹羽郡の般若に設けたのが杁(圦)のはじまり」であり、「木偏の「杁」の方が、「圦」よりも先に生じた字であるようである。」とあり、「尾張(名古屋)藩では、水利事業は杁の新設による面が大き」かったため、近世より「杁」が尾張地方で使われるようになったことが書かれている。

4.インターネットで調べる
Googleで「圦 地名」で検索し、朝日新聞社の特集記事【資料5】を見つける。
「杁」が愛知県に多い理由について、「愛知県は丘陵地が多く、田畑に川の水を引くことが難しかった。このため、雨水を池にためて、必要に応じて農地に流すための水門が各地にあった。その取り入れ口を方言で「いり」「いる」といい、それに漢字が当てられた。木製なので、木偏に入と書いた。三河地方では土偏の「圦」を使った。 」と書かれている。また、杁の仕組みについて、図でわかりやすく解説されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
「圦」を広辞苑で調べると「土手の下などに樋(ひ)を埋めて、水の出入りを調節するもの。水門」とされている。
NDC
地理.地誌.紀行  (290)
音声.音韻.文字  (811)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】日外アソシエーツ/編. 現代日本地名よみかた大辞典 2. 日外アソシエーツ, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000614515-00 , ISBN 481690459X (p.3363)
【資料2】日外アソシエーツ/編. 現代日本地名よみかた大辞典 3. 日外アソシエーツ, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000614516-00 , ISBN 4816904603 (pp.4316-4318)
【資料3】鏡味明克 著 , 鏡味, 明克, 1936-. 地名学入門. 大修館書店, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001764012-00 , ISBN 4469211184 (p.124)
【資料4】笹原宏之 著 , 笹原, 宏之, 1965-. 国字の位相と展開. 三省堂, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008504549-00 , ISBN 9784385362632 (pp.419-427)
【資料5】asahi.com/ニュース/特集/列島こんな話/記事「「杁」←この字読めたら愛知県民?でも意味は…  http://www.asahi.com/special/080804/NGY201107040009.html [last access 2020/11/13]
キーワード
(Keywords)
愛知県
地名
国字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151474解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!