このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150676
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2014-3
事例作成日
(Creation date)
2013/11/20登録日時
(Registration date)
2014年03月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月21日 13時18分
質問
(Question)
鎧を数える「領」の語源を知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】『日本国語大辞典 第2版』(小学館 2002)の「領」の項(13巻p927)には、「(「領」は衣服の襟の意、あて字として「両」も用いられた)装束・鎧などのひとそろいの数をかぞえるのに用いる。くだり。」とあります。

【資料2】『絵で見る「もの」の数え方』(町田健監修 主婦の友社 2005)
「鎧」の項(p91)に数え方「一領」(いちりょう)、説明に「「領」はうなじ・首・襟を意味し、一揃いの衣類を数えるのに用いられます。鎧も装束とみなし「一領」と数えます。「一領」(ひとくだり)とも数えます。」とあります。

【資料3】『数え方の日本史 歴史文化ライブラリー』(三保忠夫著 吉川弘文館 2006)
「衣服類の数え方」の「装束を数える」に「領(くだり)・領(りょう)」の項(p17-118)があり、「一揃いの衣服や鎧・具足を対象とするが、『貞丈雑記』には「領はゑりとよむ字也。ゑりの付(つき)たるものハ、皆一領と云也」(天保14年刊本、15巻上)とある」等の記載があります。
また、「甲冑を数える」にも「領(くだり)・領(りょう)」の項(p136)があります。
回答プロセス
(Answering process)
掲載用例が多く、語源についても記載の可能性がある大型国語辞典『日本国語大辞典』を確認した。また、数え方についての本を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
文法.語法  (815 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本国語大辞典 第2版 第13巻』(小学館 2002)
資料2】『絵で見る「もの」の数え方』(町田健監修 主婦の友社 2005)(2101814913)
【資料3】『数え方の日本史 歴史文化ライブラリー』(三保忠夫著 吉川弘文館 2006)
キーワード
(Keywords)
鎧(ヨロイ)
数え方(カゾエカタ)
語源(ゴゲン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000150676解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!