このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
南アルプス市立図書館 (2310126)管理番号
(Control number)
200342
事例作成日
(Creation date)
2013/11/13登録日時
(Registration date)
2014年03月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年10月28日 10時33分
質問
(Question)
近代登山の父といわれている、ウォルター・ウェストンと、芦安村(現・南アルプス市芦安地区)との関わりについて知りたい。
回答
(Answer)
ウォルター・ウェストン 文久1年(1861年)~昭和15年(1940年)イギリス出身の宣教師。

 明治21年(1888年)に来日して以来、大正4年(1915年)までの間に3回にわたり来日し、約12年間日本に滞在。2回目に来日した3年間は特に南アルプスの山々を登山。この時、芦安村(南アルプス市芦安地区)との関わりが生まれる。
 明治35年(1902年)には北岳に登頂する際、芦安村(現南アルプス市)村長の名取運一を訪れ、登山の案内を依頼。外国人の登山に反対する意見もあるなか、紳士的なウェストンの態度に感銘した村長が村民を説得し、清水長吉ら三人を案内につけ、北岳登頂のサポート。
また、明治37年(1904年)には鳳凰三山の地蔵岳に登る時も、芦安村の人々が援助した。
 ウェストンはこのときのことを著書『The Playground of the Far East』に収め広く世界に紹介。この本は現在、『日本アルプス再訪』というタイトルで翻訳されている。

 芦安村では、南アルプスを開拓した人々の功績を後世に残そうと、平成元年(1989年)にウェストンらのレリーフを作り、広河原で除幕式を行った。毎年6月の最終週には、このレリーフ前で、南アルプス市開山祭の儀式が執り行われる。
回答プロセス
(Answering process)
インターネット・図書館システムで「ウェストン」「芦安」から検索し資料を紹介。なかでも『夜叉神峠 芦安の民話』に「ウェストン」の項目があり芦安村との関わりが書かれていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
夜叉神峠 第二版
広報あしやす 縮刷版 昭和46年4月(19号)~平成6年8月(124号)
知られざるW・ウェストン
ウェストンの北岳
日本アルプス再訪
キーワード
(Keywords)
ウォルター・ウェストン
芦安
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000150117解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!