このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000009012
事例作成日
(Creation date)
2013年03月23日登録日時
(Registration date)
2013年11月22日 15時33分更新日時
(Last update)
2013年11月22日 15時33分
質問
(Question)
使い捨てカイロには何が入っていて、どのような仕組みで温かくなるのか。
回答
(Answer)
使い捨てカイロは、鉄が酸化するときに出す「酸化熱」が利用されている。使い捨てカイロの中には、細かな鉄粉、水、バーミキュライト、活性炭、食塩など塩分が入っている。カイロの入っている袋を開けると空気中の酸素が鉄分と結びつき、短時間で酸化がすすみ、この時に熱が出る。カイロには、中のぬれた鉄分が空気中の酸素と触れ合いやすくするために、細かな穴が開いている。また、食塩などの塩分は、水に溶けて鉄分と触れ合うことで酸化を速める働きがある。活性炭は木炭の一種で、カイロの熱がすぐ冷めてしまわないようにする役目をもっている。バーミキュライトは、カイロの鉄に水が含まれていても、中の鉄分をさらさらにするはたらきがある。
回答プロセス
(Answering process)
Webcat Plus( http://webcatplus.nii.ac.jp/ 「つかいすてカイロ」「使い捨てカイロ」を目次検索し、資料を確認した。

・『くらしのふしぎ:科学のおはなし』(古田豊監修 PHP研究所 2010年)→p70-73「使い捨てカイロはどうして温かいの?」

・『ふしぎ?おどろき!科学のお話(ポプラポケット文庫)』(ガリレオ工房監修 ポプラ社 2012年)→p115-117「使い捨てカイロのひみつ」

・『商品から学ぶ化学の基礎』(松田勝彦著 化学同人 2011年)→p74-81「使い捨てカイロがぽかぽかするからくりは?」※使い捨てカイロの熱化学方程式、成分(Fe粉50%、活性炭15%、木粉10%、食塩5%、水20%)等の記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
化学  (430 9版)
参考資料
(Reference materials)
『くらしのふしぎ:科学のおはなし』(古田豊監修 PHP研究所 2010年) (p70-73)
『ふしぎ?おどろき!科学のお話(ポプラポケット文庫)』(ガリレオ工房監修 ポプラ社 2012年) (p115-117)
『商品から学ぶ化学の基礎』(松田勝彦著 化学同人 2011年) (p74-81)
キーワード
(Keywords)
カイロ
使い捨てカイロ
酸化熱
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『みんなが知りたい!いろんな「はじめて」がわかる本(まなぶっく)』(カルチャーランド著 メイツ出版 2005年)[資料番号0105035810]→p85に「日本ではじめて77 使い捨てカイロ:持ち歩ける湯たんぽ?/はじめては…お菓子メーカーのロッテ」
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
化学
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141112解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!