このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000131532
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-0843
事例作成日
(Creation date)
2013/03/01登録日時
(Registration date)
2013年05月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年05月23日 00時30分
質問
(Question)
元禄時代の勘定奉行、荻原重秀が「貨幣は国家が造るもの、たとえ瓦礫であっても金銀の代わりに通用させてよい」というようなことを言ったそうだが、そのことがわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
・『勘定奉行荻原重秀の生涯』 村井淳志 著 (集英社 2007 p.117-118)
   荻原重秀(彦次郎)はヨーロッパの経済学界よりも200年も早く名目貨幣の考え方に気付いているとして、
   『三王外記』から彼の言葉を次のように引用している。
    「貨幣は国家が造る所、瓦礫を以ってこれに代えるといえども、まさに行うべし。今、鋳するところの銅銭、悪薄といえどもなお、紙鈔に勝る。これ遂行すべし。」

・『三王外記』
国立国会図書館デジタル化資料として上下巻に分かれてインターネット公開されており、上記の言葉 は以下のペ ージに収録されている。
     国立国会図書館デジタル化資料 『三王外記. 上』 第9コマ 6~7行目                    ( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/772809  最終確認2013年1月13日)

・『国史大辞典 2』 国史大辞典編集委員会編 (吉川弘文館 1980 p.790)
  荻原重秀(1658-1713)は江戸時代中期の幕府勘定奉行(勘定頭)で、通称は五左衛門、のち彦次郎。貨幣の改鋳を建議して、それにより元禄8年に改鋳および新旧貨幣引替の主任となり、翌年勘定頭に進み、従五位下近江守に叙任されている。
回答プロセス
(Answering process)
『国史大辞典 2』で概要を確認し、「荻原重秀」で所蔵検索を行った。『勘定奉行荻原重秀の生涯』の目次に、おたずねの言葉が副題として記載されており、その章を確認した。「三王外記」でGoogle検索したところ、レファレンス協同データベースの事例があり、国立国会図書館デジタル化資料が紹介されていた。デジタル化資料の中で、元禄8年頃の記述を探した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 勘定奉行荻原重秀の生涯 村井/淳志?著 集英社 2007.3 289/11/952 117-118

2 国史大辞典 2 国史大辞典編集委員会?編 吉川弘文館 1980.7 210/03R/70-2 790
キーワード
(Keywords)
貨幣経済 通貨の信認 荻原重秀 江戸時代 新井白石 貨幣改鋳 悪貨 良貨 貨幣流通 インフレーション デフレーション
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※国立国会図書館デジタル化資料『三王外記. 上』第9コマ 6~7行目では、“直秀曰”と書かれているが、第8コマで“荻原直秀対曰”という記述があり、第9コマの頭註に“萩原近江守、行下一本有之、貨一本作色”、“計吏、勘定役、総計官、勘定奉行”と記されている。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000131532解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!