このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2012-0109
事例作成日
(Creation date)
2013/02/01登録日時
(Registration date)
2013年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年03月29日 00時30分
質問
(Question)
中世の近江に高島七頭という武士団がいたが、その成立の経緯を知りたい。また、七頭の具体的な氏名と系図があれば見たい。
回答
(Answer)
『近江源氏 第2巻』によりますと、「佐々木氏四家のうち高島佐々木と称するのは、坂田郡大原荘を累代所領とした佐々木大原氏の元祖、重綱の次弟高信(佐々木信綱二男)が父から近江の高島荘を与えられて高島郡に移り、田中郷を本拠として高島と姓を改め、その子孫が繁栄して本系高島氏のほか、平井、横山、田中、朽木、永田などの分家諸流を起こし、その一族が諸郷に分拠して高島郡の要所を抑え、すこぶる勢力をもったのである。(中略)これを高島佐々木と称し、また高島七頭とも呼ばれる有名な一党である。この一族から下坂、越中、能登、山崎、山中、その他の姓を名乗る分系も出ている。」とあります。また『今津町史 第1巻』によりますと、「高信には泰信(やすのぶ)・頼綱(よりつな)・胤信(たねのぶ)の三人の息子がいたが、嫡流は長男の泰信が継ぎ、次男の頼綱、三男の胤信はそれぞれ郡内の朽木(くつき)庄および永田(ながた)(音羽庄内)に移り住んだという。高島氏の庶子家朽木・永田両氏の成立である。以後高島氏からは平井(ひらい)(能登)氏が分立、また朽木からも横山・田中の両氏が分かれ、高信から三、四代を経て安曇川流域に展開して、その一族は高島郡南部を広く覆うに至る。これら高信を祖とし郡内に割拠した越中・平井・朽木・永田・横山・田中・山崎の七氏を、後世「高島七頭(たかしましちがしら)」と呼ぶ」とあります。系図は、『近江源氏 第2巻』に「高島佐々木氏一族略系図」が掲載されており、『宇多源氏佐々木氏族系図 第2巻』にも「佐々木(八) 高島、平井、太田、下坂、朽木、横山、田中、永田、市原氏系図」が掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 近江源氏 第2巻 佐々木氏の系譜 田中政三∥著 弘文堂書店 1981年 S-2800-2 p.206,208

2 今津町史 第1巻 古代・中世 今津町史編集委員会∥編集 今津町 1997年 S-2113-1 p.305-306

3 宇多源氏佐々木氏族系図 第2巻 千葉琢穂∥編著 展望社 1990年 5-2800-2 P.66
キーワード
(Keywords)
高島七頭
高島氏
越中氏
平井氏
朽木氏
永田氏
横山氏
田中氏
山崎氏
系図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000129830解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!