このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127714
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H24-140
事例作成日
(Creation date)
2012年12月22日登録日時
(Registration date)
2013年02月01日 11時42分更新日時
(Last update)
2013年03月17日 17時11分
質問
(Question)
杮落とし(こけらおとし)という言葉にはなぜ“柿”の字が当てられているのか。
『常用漢和辞典』のp281柿(かき)の項目に「杮(はい・こけら)」に似ていてまちがいやすい、とあるが“杮”という字が別にあるのか。
回答
(Answer)
柿(かき)と杮(こけら)は別の漢字である。
回答プロセス
(Answering process)
オンラインデータベースJapanKnowledge+( http://www.jkn21.com  2013/2/1 最終確認)でキーワードを“こけらおとし”にして検索すると、新版歌舞伎事典の記事がヒットした。

こけらおとし 杮落し
劇場が新築あるいは改築して初開場することをいう。古くは劇場の屋根を杮葺(こけらぶ)きにしていたが、屋根や足場に残る(木片)を払い落としてはじめて完成に至った。そこで落しが初開場を意味するようになったようであるが、語源ははっきりしない。(後略)

見出しに杮の旧字体も出ている。

“杮葺き”を次の辞典で調べた。
『図解建築用語辞典 第2版』 建築用語辞典編集委員会/編 理工学社 2004(自館請求記号:R520)


参考資料の漢字に関する棚から探して、次の資料を見た。
『大漢和辞典 巻6 修訂第2版』 諸橋轍次/著 大修館書店 1999(自館請求記号:R813.2)
p5882に杮(旧字体)の項目がある。「①こけら。こっぱ。けづりくづ。杮(6-14496)に同じ。」とある。次の杮(新字体)の項目に「杮(旧字体・6-14495)の俗字。参考 杮(こけら)と柿(かき)は別字。」とある。

質問者が持ってこられた辞典をもう一度見た。
『常用漢和辞典 改訂新版』 石井庄司/編 学習研究社 2001 (自館請求記号:813.2)
p278に杮(こけら)の項目がある。「注意 柿かき(木部5画)に似ていてまちがいやすい。」とある。杮(こけら)の旁(つくり)は4画である。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 巻6 修訂第2版』 諸橋轍次/著 大修館書店 1999 (自館請求記号:R813.2)
『常用漢和辞典 改訂新版』 石井庄司/編 学習研究社 2001 (自館請求記号:813.2)
キーワード
(Keywords)
杮(こけら)
杮落とし(こけらおとし)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127714解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!