このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000116015
提供館
(Library)
宇都宮市立図書館 (2310280)管理番号
(Control number)
宇南12-00007
事例作成日
(Creation date)
2012年12月19日登録日時
(Registration date)
2012年12月19日 09時56分更新日時
(Last update)
2015年09月12日 10時13分
質問
(Question)
 図鑑の解説で「スズランを差した花ビンの水を飲んでも,中毒を起こすことがあるという。」とある。どんな事例があるのか具体的に知りたい。
 記載のある資料は,『牧草・毒草・雑草図鑑』 畜産技術協会/発行 2005年 で,p.260に 「スズラン」の項目があり,解説文の中に質問の文章があるが,出典の記載がないので確認ができない。
回答
(Answer)
 当館資料やweb検索では,「・・・という例がある」という記載はあるが,出典まではわからず,詳しい事例がわからない。
回答プロセス
(Answering process)
スズランの植物学・毒から資料を探す。
1. 『植物による食中毒と皮膚のかぶれ』指田豊・中山秀夫/著 少年写真新聞社 2006年 p.21 「スズランの切り花を入れたコップの水を飲んで死亡した小児の例があります。」とあるが,出典がない。
2. 『カラー図説毒草の誘惑』植松黎/著 講談社 2001年 p.53 アメリカのモンタナの友人の話あり。「スズランの葉が春先のワイルドガーリックの葉と 似ているために,摘んでスープにしてしまうこともある。一時は中毒を起こす人が多かった」
3. 『毒草を食べてみた』植松黎/著 文藝春秋 平成12年 p.68 「旧西ドイツのオスターバーケンというところでは,三歳になる女の子が腐りかけたグズベリーの実を食べた後に,スズランが挿してあったコップの水を飲んで死んでいる。」
4. 『毒草・薬草事典』船山信次/著 ソフトバンク・クリエイティブ 2012年 p.49 「コップにたくさんのスズランを挿していた水を飲んだ子供が亡くなった例がある。」
5. 『みぢかにある有毒植物』吉川翠風/著 丸井図書出版 昭和六十年 p.79 「すずらん」の項目に「有毒成分と作用」の記載があるが,中毒の事例は記載なし。
6. 『毒 青酸カリからギンナンまで』船山信次/著 PHP研究所 2012年 p.137 「スズランをたくさん挿していたコップの水を飲んで子供が亡くなった例がある。」
7. 『薬草毒草300』朝日新聞社/編 朝日新聞社 昭和61年 p.94 「熱病で入院中の子供が夜中にのどが乾き,水がほしくなった。母親をゆり動かしたが,母も看病づかれで寝込み,起きなかった。子供は枕もとにスズランのさしてあったコップの水を飲み,朝,母が目ざめたときには子供は帰らぬ人となっていたという。」(近畿大学の寺尾様からお知らせいただきました)出典はありませんでした。
8. 『薬草毒草300+20』朝日新聞社/編 2000年 p.123 「7.」と同じ。

追加(20150330)
9. 『人もペットも気をつけたい園芸有毒植物図鑑』土橋豊/著 淡交社 2015年 p.55 「症例」に2事例が掲載されている。付録の「引用・参考文献」により,前記「7.」と「2.」の1997年版で,すでに確認済み。
追加(20150919)
10. 『図解でよくわかる毒のきほん 毒の科学から,猛毒生物,毒物劇物の取扱方法まで』五十君靜信/監修 誠文堂新光社 2015年 p.46「スズランを活けた水を飲んでも中毒を起こすことがあり,これらを誤飲して死亡した例もある。」との記載あり。
参考文献に「佐藤正幸・姉帯正樹『有害植物スズラン調理品中のコンバラトキシン残留量』道衛研所報,2012」

法医学の中毒から資料を探す。
1. 『事例に学ぶ法医学』吉田謙一/著 有斐閣 2001年
2. 『事例に学ぶ法医学・医事法』吉田謙一/著 有斐閣 2007年
3. 『現代の法医学』四方一郎・水野耐造/編 金原出版 1989年
 いずれも見当たらず。

食中毒から,厚生労働省のホームページの「食中毒発生一覧」で,「すずらん」を検索するがヒットしない。

GeNiiで「すずらん」や「すずらん 中毒」で検索するがヒットしない。

参考までに小説に書かれているものを紹介
1. 『Pの密室』島田荘司/著 講談社 1999年 p.125 「すずらんのいけてあった花瓶のお水とか,すずらんの花を,ジュースの中に入れ」て心臓麻痺を起こさせるという表記がある。
2. 『それから』夏目漱石/著 岩波書店 2006年 ワイド版岩波文庫273 p.147「「ありがとう。もう沢山。今あれを飲んだの。あんまり奇麗だったから」と答えて,鈴蘭の漬けてある鉢を顧みた。」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
スズラン
中毒
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
牛久市立中央図書館
近畿大学中央図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000116015解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!