このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-235
事例作成日
(Creation date)
2012年11月13日登録日時
(Registration date)
2012年12月13日 09時17分更新日時
(Last update)
2019年12月03日 11時44分
質問
(Question)
平安京がつくられた際、東西南北に岩倉が設けられたと聞いた。南岩倉の位置を知りたい。
回答
(Answer)
『京都大事典』のp860、『日本歴史地名大系 27京都市の地名』のp891、『京都・山城寺院神社大事典』のp597~598によると、京都市下京区石不動之町にある不動寺は南岩倉とも称し、現在も寺内には「南岩倉」と書かれた額が架けられている。また、『京都秘密の魔界図』のp37~39に、南岩倉の場所を記した地図が記載されている。なお、南岩倉の場所については諸説あるとされている。
回答プロセス
(Answering process)
1.『京都大事典』の索引で「南岩倉」を調べると、p860の「松原不動」の項目に「平安遷都のとき、王城鎮護のため経巻を石蔵に納めた四岩倉の一つ。南岩倉ともいう」と記載されていた。

2.『日本歴史地名大系 27京都市の地名』の索引で「南岩倉」を調べると、p891の「不動寺」の項目に「元禄二年刊の『京羽二重織留』には「南方の岩倉基所さだかならず。一説には王城の南方は雄徳(おとこ)山なり。しかれども比山八幡の神地なれば仏教を納がたし」と記載されていた。

3.『京都・山城寺院神社大事典』で「不動寺」を調べたところ、『京都大事典』と『日本歴史地名大系 27京都市の地名』に記載されている内容と同様のことが書かれていた。

4.京都の地誌・歴史に関する資料(K/216.2、K/291.62)を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都大事典』 佐和隆研/[ほか]編 淡交社 1984 1083,91p (当館請求記号K0/291.62/Ky6)
『日本歴史地名大系 27京都市の地名』 平凡社 1979 1201p (当館請求記号K1/291.62/H51)
『京都・山城寺院神社大事典』 平凡社/編刊 1997 763,36p (当館請求記号K1/185.91/Ky6)
『京都秘密の魔界図』 火坂雅志/著 青春出版社 1992 219p (当館請求記号K1S/216.2/H76)
キーワード
(Keywords)
平安京
岩倉
不動寺
桓武天皇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000115718解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!