このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域38
事例作成日
(Creation date)
2010年12月20日登録日時
(Registration date)
2012年10月19日 13時24分更新日時
(Last update)
2022年08月20日 10時50分
質問
(Question)
磐城平藩主安藤家の『江戸高崎分限帳』『江戸高崎給帳』『泰翁様御代高崎江戸給人帳』の内容を知りたいのですが、閲覧・複写は可能でしょうか。
回答
(Answer)
1.該当資料は当館では所蔵していません。
地元の歴史研究家にお尋ねしたところ、論文『関孝和の実母・湯浅家の研究』に記述のある3点の資料は、いわき市在住の旧安藤家家臣の方が所蔵しているもので、活字(冊子)になったものは無く、非公開の資料とのことでした。
また、『磐城平藩と安藤家展』で紹介されている『泰翁様御代高崎江戸給人帳』は、表紙の写真のみで、説明文に「四家久央氏蔵 15.5×19.5 宝暦六年(1756)の行列帳とともに四家福備が弘化三年(1846)に書写したもの。安藤家二代重長(泰翁)時代の高崎および江戸における藩士の役職や石高を記したもの」とありました。『泰翁様御代高崎江戸給人帳』については、先に紹介した3点所有されている方のものと、四家久央氏が所有する“写し”があるようです。四家久央氏の連絡先も掲載されていませんので、回答はここまでとなります。


【追記】2022/8/20
情報提供をいただき、以下の資料に『江戸高崎分限帳』が掲載されていることを確認しました。
【資料⑤】『高崎藩分限帳集成(上)』(中村茂 高崎歴史資料研究会 2018)p1~14
回答プロセス
(Answering process)
1.【資料①】『関孝和の実母・湯浅家の研究』インターネット検索
2.【資料②】『磐城平藩と安藤家展』に掲載の『泰翁様御代高崎江戸給人帳』を確認→表紙の写真のみ掲載。四家久央氏蔵とあり。
【資料③】『高崎市史 第2巻』安藤家資料記述なし。
【資料④】『藩史大辞典 第2巻』安藤家資料記述なし
3.小野一雄氏に尋ねる→3点の資料は、いわき市在住の旧安藤家家臣の方が所蔵しているもので、活字(冊子)になったものは無く、非公開の資料とのこと

4.【追記】の資料を確認。
【資料⑤】『高崎藩分限帳集成(上)』 [K-210.5-1-タ-1・1114249145]
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
磐城平藩
安藤家
照会先
(Institution or person inquired for advice)
小野一雄氏
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000112767解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!