このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101875
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
004
事例作成日
(Creation date)
2012年02月17日登録日時
(Registration date)
2012年02月17日 11時33分更新日時
(Last update)
2019年11月13日 16時07分
質問
(Question)
戦時中、尼崎市内から学童疎開をしていたので、疎開先のことについて確かめたい。
たとえば、尼崎市内の浜国民学校から同じ兵庫県内の氷上郡美和村(のち市島町、現丹波市)への疎開に関する史料はあるか?
回答
(Answer)
当時の尼崎市内からの学童疎開については、『尼崎市戦前教育史』などいくつか参考文献があり、概要について調べることができます。また、当館が所蔵する歴史的公文書に昭和20年(1945)5月時点での各学校の疎開先が記録されており、調べることができます。

また、浜国民学校からの学童疎開に関する史料として、「藤田浩明氏文書」及び「浜国民学校疎開関係手紙類」というふたつの文書群があり、閲覧して調べることができます。
(このケースにおいては、「藤田浩明氏文書」から調査者ご本人に関する記録を見いだすことができた。またこのレファレンスののちに、甲南大学人間科学研究所からこの史料群の一部を翻刻した『兵庫県学童疎開関係史料集成』第二輯第三輯が刊行された)
回答プロセス
(Answering process)
1 尼崎市内からの学童疎開について、概要を調べる。

◆『尼崎市史』第3巻近代編第6章第6節4、同第8巻近代史料編下3-1
◆『尼崎市戦前教育史』第8章第3節

◆『尼崎地域史事典』p99 /Web版尼崎地域史事典"apedia"
項目「学童疎開」

◆『図説尼崎の歴史』下巻 /Web版 図説尼崎の歴史
近代編第4節8「空襲と戦災」、同コラム「銃後・疎開・空襲」

◆各学校の学校史誌

◆「各種起債稟請書(学童集団疎開費、防空施設費)」(旧永年公文書)
昭和20年度(1945)に尼崎市が市債を発行するために作成した記録を綴った簿冊である。学童集団疎開の必要経費の一部として市債324千円を起債する説明資料として、昭和20年5月時点の「学童集団疎開宿舎一覧表」が綴られている。この一覧表には、学校名、校長名、疎開先の市郡、町村名ならびに電話番号、宿舎の名称、学年・男女別の疎開児童数、寮ごとの職員数、寮母数、作業員数が記録され、疎開先の町村名のみを記した『尼崎市戦前教育史』よりも詳しい情報を知ることができる。なお、『尼崎市史』(第3巻,729頁)などは疎開先を175箇所とするが、一覧表には176箇所が記載される。これは大庄国民学校2年生・4年生男子33名の疎開先として、西光寺と常楽寺という2つの寺院が同一の枠内に記述されていることによるものと考えられる。同校が、西光寺と常楽寺を同時期に寮として用いたのではなく、いずれかに疎開した後、さらに寮を移転したことを意味するのであれば、疎開先は175箇所と理解できる。なお、大庄小学校の学校史である『懐古 創立100周年記念誌』(尼崎市立大庄小学校)は疎開先を不明と記す。

2 浜国民学校からの疎開について調べる。

◆「藤田浩明氏文書」 戦時中の浜国民学校長のご子孫から尼崎市立地域研究史料館に寄贈されたもの。疎開に関する学校の文書・記録が含まれている。この文書群の概要については、尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第28巻第1号(平成10年12月)掲載「誌上レファレンス」または、史料館公式Webサイト中の概要データ参照
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/data/monjo/catalog/097104-1fujitahiroakishi-g.pdf

◆人見佐知子編、甲南大学人間科学研究所発行『兵庫県学童疎開関係史料集成』第二輯「尼崎市浜国民学校石像寺寮篇」
◆人見佐知子編、甲南大学人間科学研究所発行『兵庫県学童疎開関係史料集成』第三輯「尼崎市浜国民学校宗福寺寮篇」
上記「藤田浩明氏文書」のうち、石像寺寮(現丹波市市島町中竹田)・宗福寺寮(現丹波市市島町上鴨阪)で作成された公文書の一部を翻刻したもの。

◆「浜国民学校疎開関係手紙類」 疎開していた児童から家族に宛てた手紙類。書かれたご本人から尼崎市立地域研究史料館に寄贈されたもの。この文書群の概要については、史料館公式Webサイト中の概要データ参照
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/data/monjo/catalog/103012hamakokumingakkosokaikankeitegamirui-g.pdf

◆「浜国民学校沿革史」 『尼崎市史』第8巻に疎開に関する部分を抜粋して翻刻掲載
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
日本史  (210 9版)
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『尼崎市史』第3巻近代篇 昭和45年発行 同第8巻近代史料編下 昭和53年発行 (当館請求記号 219/A/ア-3、ア-8)
『尼崎市戦前教育史』尼崎市教育委員会、平成15年発行 (当館請求記号 372.6/A/ア)
『尼崎地域史事典』 平成8年発行 (当館請求記号 219/A/ア)
『図説尼崎の歴史』下巻 平成19年発行 (当館請求記号 219/A/ア)
「藤田浩明氏文書」藤田浩明氏寄贈 尼崎市立地域研究史料館所蔵 (当館請求記号 古文書・近現代文書類097104-1)
「浜国民学校疎開関係手紙類」川村徳太郎氏寄贈 尼崎市立地域研究史料館所蔵 (当館請求記号 古文書・近現代文書類103012)
『兵庫県学童疎開関係史料集成』第二輯「尼崎市浜国民学校 石像寺寮篇」、第三輯「尼崎市浜国民学校 宗福寺寮篇」人見佐知子編、甲南大学人間科学研究所、2012年・2013年発行 (391.6/A/ヒ-2・3)
各種起債稟請書(学童集団疎開費・防空施設費) (当館請求記号 市役所277(旧永年公文書))
キーワード
(Keywords)
学童疎開
空襲
兵庫県尼崎市
兵庫県氷上郡
兵庫県丹波市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
Web版 尼崎地域史事典"apedia"
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/
Web版 図説尼崎の歴史
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/
尼崎市立地域研究史料館公式Webサイト中、「文書群概要・文書目録」のページ
(同ページから、今回閲覧に供した文書群を含む館蔵文書群の概要データ及び目録データを検索・参照することができる)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/monjogun.html
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101875解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!