このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-058
事例作成日
(Creation date)
2011年07月12日登録日時
(Registration date)
2011年11月24日 19時05分更新日時
(Last update)
2012年03月12日 23時36分
質問
(Question)
昭和6年(1931)当時、浦和に刑務所あるいは拘置所があったはずだが、現在も浦和区内にそのような施設があるか知りたい。また、その刑務所の近くに共同墓地があるか知りたい。
回答
(Answer)
現在の浦和区内の刑務所について下記の資料を紹介した。
『デイリータウンページ 職業別 さいたま市版 2010』
p805「国の機関(法務省)」に「さいたま拘置支所」とあり。

『蕨市史調査報告書 6』付録「埼玉県北足立郡職業別案内図(仮称)」(大正13年(1924))に発行された地図)に埼玉県庁のそばに「刑務所」あり。

『住居表示と地番 浦和宿から浦和市まで』「別図1 屋敷番号入り浦和町(明治30年から大正)」には、その刑務所の屋敷番号は107番とあり。

『浦和市史 4 近代史料編1』
p676「75 浦和監獄署 現典獄三浦貢氏 浦和町百七番地、埼玉縣廳の南に在り、明治四年十二月二十七日設置、(略)牢獄新築の許可を仰ぎ明治十年十一月竣工したるは現監獄署建物なり、同十年爾来の懲治場を監獄署と改稱同三十六年官制改革と共に埼玉縣監獄署を浦和監獄署と改稱し同時に司法省の直轄となりたり(以下略)(明治四十五年浦和案内)(国立国会図書館蔵)」とあり。
このことからも「浦和町107番地」は監獄(刑務所)の番地であったことがわかった。

『浦和総覧』(京北振興会 1927)
p94-95「浦和刑務支所 前橋刑務所浦和支所は縣廳の左側、浦和驛から約五丁の地點に在る。」とあり。

『縣南浦和川口総覧』
p19「浦和刑務所 高砂町縣廳横」とあり。

『「沼のほとり文芸賞」作品集2』
p48「昔の官舎は今の県庁の駐車場にかわり、コンクリートの高い塀はなくなって、裁判所・県警察・法務関係の役所が並んでいて、刑務所改め、今は奥まった拘置所を訪れるのもあまり抵抗はなくなった。」とあり。

《法務省》
「全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧」によると、浦和区にある施設は、「川越少年刑務所さいたま拘置支所」(昭和6年当時)( http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse16-03.html 法務省 2011/07/09最終確認)

〈昭和6年当時〉
『浦和市議会史 上』
p331(大正2年(1913)6,7月の町会)「六共同墓地新説の件諮問・・・延期 従来の町有墓地は埋葬の余地尽きたるをもって左記の地に墓地を新設することを主務官庁に出願することの可否を諮うもの 浦和町鯛ヶ窪一、七七四ノ一雑種地壱段弐畝歩 町有 同一、七七七ノ二同壱畝歩 同」とあり。
p345(大正3年(1914)9月19日町会)「四墓地新設ノ件諮問(再)・・・可決 従来ノ町有墓地ハ埋葬ノ余地全ク尽キタルヲ以テ左記ノ地ニ墓地新設ノ儀主務官庁にニ願セントス可否をノ意見ヲ諮フ 浦和町字鯛ヶ窪一、七七四番ノ一雑種地壱段弐畝拾歩 町有 同字一、七七四番ノ二雑種地壱畝歩 町有(以下略)」とあり。
 このことから、大正3年に浦和町鯛ヶ窪に墓地が新設されることに決まったことがわかった。しかし「従来の町有墓地」に関する記述は見つからなかった。
p958(昭和10年(1935)第1回浦和市会)「急第四号議案墓地拡張ニ関スル件・・・可決 大字太田窪市有墓地ヲ左ノ通拡張スルモノトス 大字太田窪字諏訪入一、〇五四番地ノ一山林一反二九歩〇七以下山林畑五筆計一反七畝二〇歩一九」「急第五号議案市有墓地市基地上地受入ノ件・・・可決 上地出願人 浦和市五四番地円蔵寺 右円蔵寺ヨリ左記土地大字太田窪市有墓地拡張敷地トシテ左ノ条件ニ依リ上地出願ニ付之ヲ受入ルヽモノトス 条件 上地ニ依ル拡張墓地壱段七畝弐拾歩壱合九勺ハ管理権ハ之レヲ円蔵寺ニ一任スルコト(以下略)」とあり。
このことから、昭和10年には浦和市太田窪に市有墓地があったことがわかった。
また、拡張された墓地の管理権は円蔵寺が持っていたことがわかった。

『旧新町名地番対照表 昭和12年10月1日現在』(浦和市)から、地目が墓地等のものを抜粋して紹介した。
掲載ページは、p37、p38、p103、p116、p160、p160、p161、p188
p103の墓地以外は、上記の『浦和市議会史』の付録地図(昭和9年の浦和市の地図)で確認できる墓地とほぼ場所が重なると思われる。

〈現在〉
さいたま市ウェブサイトを〈墓地〉で検索。「さいたま市営墓地の紹介」に、墓地名、住所、設置年の記載があり紹介した。それによると現在あるさいたま市営墓地は、以下の5つで、1~4が旧浦和市にある。
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1195170342679/index.html  さいたま市 2011/07/09最終確認)
1「諏訪入墓地」2「善前墓地」3「諏訪入第2墓地」4「青山苑墓地」5「思い出の里市営霊園」

『浦和市広報 市民と市政 平成元年8月10日号』
p10「都市計画道路(町谷本太線)の道路改良にご協力を 都市計画道路町谷本太線のうち、市役所西側から市営鯛ヶ窪墓地(常盤六丁目・仲町四丁目地内)の(以下略)」とあり。

『広報うらわ 1999年5月』
p20「道路の改良事業にご協力ください 都市計画道路町谷本太線のうち、市営鯛ヶ窪墓地から与野市境及び裏門通りから(以下略)」とあり。
このことから1999年までは「市営鯛ヶ窪墓地」という市営墓地があったことがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『デイリータウンページ 職業別 さいたま市版 2010』(東日本電信電話株式会社 2010)
『蕨市史調査報告書 6』(蕨市 1988)
『住居表示と地番 浦和宿から浦和市まで』(川島浩 2008)
『浦和市史 4 近代史料編1』(浦和市 1975)
『浦和総覧』(京北振興会 1927)
『縣南浦和川口総覧』(三浦晴華 1937)
『「沼のほとり文芸賞」作品集2』(ヒアシンスハウスの会 2007)
『浦和市議会史 上』(浦和市議会史編さん委員会 浦和市議会 1960)
『旧新町名地番対照表 昭和12年10月1日現在』(浦和市)
『浦和市広報 市民と市政 平成元年8月10日号』(浦和市 1989)
『広報うらわ 1999年5月』(浦和市 1999)
キーワード
(Keywords)
さいたま市-刑務所
さいたま市-共同墓地
さいたま市-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000097134解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!