このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻019
事例作成日
(Creation date)
2011年6月2日登録日時
(Registration date)
2011年10月25日 16時54分更新日時
(Last update)
2021年05月13日 15時48分
質問
(Question)
桔梗ケ原女子拓務訓練所について、詳しい資料が見たい。場所も知りたい。
回答
(Answer)
桔梗ケ原女子拓務訓練所は、満蒙開拓青少年義勇軍の配偶者を育成することなどを目的に、1945年(昭和15年)に旧東筑摩郡広丘村(現塩尻市広丘)に開設された。
資料として、下記のようなものがある。

①『塩尻市誌 第3巻 近代・現代』 塩尻市誌編纂委員会/編 塩尻市 1992 p.375~377
②『長野県満州開拓史 総編』 長野県開拓自興会満州開拓史刊行会/編・刊 p.265
③『長野県教育史 第15巻 史料編 9』 長野県教育史刊行会/編・刊 1980 p.1096~1101(告示、募集要項など)
④『野村区誌』 野村区誌編纂委員会/編 野村区 1997 p.280(写真)
⑤『若きちひろへの旅 上』 平山知子/著 新日本出版社 2002 p.87
下記参考資料⑥「桔梗ケ原女子拓務訓練所が開設される」p.66~67 (写真p66)

信濃毎日新聞で2005年に「足元を見つめて」というタイトルで戦争体験者に関する連載記事が連載された。その第42回~46回に訓練所が取り上げられている。

足元を見つめて(42)=桔梗ケ原女子拓務訓練所(1) 満州開拓にあこがれ
2005.12.6/朝刊p.16 (地図あり)
足元を見つめて(43)=桔梗ケ原女子拓務訓練所(2) 教員指名―迷わず入所
2005.12.7/朝刊p.18
足元を見つめて(44)=桔梗ケ原女子拓務訓練所(3) 満州逃避行―収容所へ
2005.12.8/朝刊p.18
足元を見つめて(45)=桔梗ケ原女子拓務訓練所(4) 夫と生き別れ自分責め
2005.12.9/朝刊p.20
足元を見つめて(46)=桔梗ケ原女子拓務訓練所(5) 忘れ去られる不安
2005.12.10/朝刊p.20

昭和58年8月にも信濃毎日新聞で「大陸の花嫁43年目の夏」というタイトルで訓練所に関する記事が13回にわたって連載されている。
レファレンス協同データベースに回答事例あり。(  https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000073494  )最終確認日:2012.1.23

追記:毎日新聞長野版に2012年3月から5月にわたって連載「満蒙の土」が掲載された。第2部・9回目(4月6日 p.23)に桔梗ケ原女子拓務訓練所がとりあげられている。
MGプレス2018年12月18日9面「地元野村で歴史学ぶ」の記事の中に、訓練所跡に立つ案内板の写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
信濃毎日新聞データベースで検索し、記事中の考文献を中心に調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
⑥中川治雄 監修 , 中川, 治雄. 松本・塩尻の昭和史 : 真実と感動のドキュメント : 保存版. 郷土出版社, 1999. (信州の昭和史シリーズ ; 5)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002767476-00 , ISBN 487663436X
キーワード
(Keywords)
満州開拓
大陸政策
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000093582解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!