このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
桐朋学園大学附属図書館 (3310008)管理番号
(Control number)
R00-197
事例作成日
(Creation date)
2022/03/14登録日時
(Registration date)
2011年06月29日 10時28分更新日時
(Last update)
2022年05月30日 14時49分
質問
(Question)
ショパン作曲『ピアノ協奏曲第1番ホ短調』作品11の初版は、オーケストラ・スコアで出版されたのかあるいはオーケストラ・パート譜で出版されたのかを知りたい。また、初版を所蔵している図書館があれば知りたい。
回答
(Answer)
1.OPACで初版の複製の所蔵を確認したところ、下記の楽譜を所蔵。ただし全曲ではなかった。 
   『Oeuvres pour piano : fac-simile de l'exemplaire de Jane W.Stirling / Chopin』
  該当曲は、パリのM.Schlesinger 社から出版された楽譜の表紙とピアノ譜(第1楽章の一部と第2楽章全部)(プレート番号M.S.1409)が掲載されていた。

2.下記の参考図書に出版に関して詳述されていたので案内。楽譜の一部写真版あり。
  『L'œuvre de Frédéric Chopin : manuscrits--partitions annotées--bibliographies et catalogue d'une collection d'éditions anciennes』(フランス語) 
   初版ではオーケストラ・スコアは出版されていないことがわかった。ピアノ譜とオーケストラ・パート譜のみ。
   初版3社のうち、Wessel社版の詳細な記述はなし。

3.Grove Music Online(Oxfod Music Online)の作品表を確認。
   1833年にライプツィヒとパリで、1834年にロンドンで出版されたと記載あり。
   形態に関しては「arrs.for pf solo, 2 pf, pf qt and pf qnt, Leipzig, ?1833」と記載されている。

4.サイト「Chopin Online」
  「CFEO : Chopin's First Editions Online」があり、デジタル化された3社の各楽譜を見ることができる。
  また、所蔵する図書館も表記されている。

5.OPACで関連する図書資料を確認して2点を案内。
  ・『転換期の音楽』
  ・『ピアノ協奏曲の誕生』

以上から、初版はオーケストラ・スコアではなく、ピアノ譜とオーケストラ・パート譜が出版され、それらの楽譜はサイトChopin Onlineで見ることができることがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
1.OPACで初版の複製の所蔵を確認。
  キーワードに「ショパン ピアノ 協奏曲 1」と入力し、ピアノ協奏曲第1番の作品IDを選んだ後、自筆譜ではないファクシミリを検索するために、キーワードに「ファクシミリ^自筆譜」と入力して絞り込み。
  1点下記がヒット。
  『Oeuvres pour piano : fac-simile de l'exemplaire de Jane W.Stirling / Chopin』
  該当曲は、パリのM.Schlesinger 社から出版された楽譜の表紙とピアノ譜(第1楽章の一部と第2楽章全部)(プレート番号M.S.1409)が掲載されていた。

2.参考図書を確認。
 ・『Chopin Werkverzeichnis / Kobylanska, Krystyna』(ドイツ語) ショパンのテーマカタログ
    初版は下記のドイツ、フランス、イギリスの3社から出版された。
    (a)Leipzig, Fr.Kistner(1020-22); 1833
    (b)Paris, M.Schlesinger(M.S.1409); 1833
    (c)London, Chr.Wessel(1086); Mai 1834
    ただし、出版楽譜の形態についての記述なし。

 ・『L'œuvre de Frédéric Chopin : manuscrits--partitions annotées--bibliographies et catalogue d'une collection d'éditions anciennes』 (フランス語) ショパンの版に関するカタログ
   下記の版について詳述されている。各版の表紙、楽譜の一部の写真版あり。
    ・Schlesingerのピアノ譜(1409)
    ・Schlesingerのオーケストラ・パート譜 (1409)
    ・Kistnerのピアノ譜(1020.1021.1022)
    ・Kistnerの オーケストラ・パート譜(1020.1021)
 Wessel出版については記載なし。

 ・『Annotated catalogue of Chopin's first editions』(英語) ショパンの初版に関するカタログ
    巻末Appendix IにM.Schlesinger(フランス)およびFr.Kistner(ドイツ)の出版の形態の記述あり。
    オーケストラ・パート譜が出版されたことがわかった。
    Wessel(イギリス)については記載なし。

 ・『ニューグローヴ世界音楽大事典』
   「ショパン」に「出版譜」の項目があるが、出版の形態についての記述はない。作品表にもなし。

3.Grove Music Online(Oxfod Music Online)の作品表を確認。
   1833年にライプツィヒとパリで、1834年にロンドンで出版されたと記載あり。
   形態に関しては「arrs.for pf solo, 2 pf, pf qt and pf qnt, Leipzig, ?1833」と記載されている。

4.OPACでキーワード「ショパン ピアノ協奏曲」と入力し図書で絞り込み検索し、下記がヒット。
 ・『転換期の音楽』 p.216-226 "転換期のピアノ協奏曲 : ショパンの《ピアノ協奏曲第一番》ホ短調作品11とその<室内楽版>について / 小岩信治"
   Kistner(ドイツ)出版についての記述があり、三つのタイプの楽譜販売について、出版プレート番号と所蔵図書館の記載がある。
    ・ピアノ譜(1020.1021.1022)
    ・弦楽パート譜(1020.1021) 所蔵:ベルリン州立図書館 Mus.7997
    ・管打楽器パート譜(1020.) 所蔵:バイエルン州立図書館 4Mus.pr.51428

5.OPACの音楽図書の分類「764.39 器楽合奏. ポピュラー音楽>協奏曲 [コンチェルト]」検索。下記がヒット。
 『ピアノ協奏曲の誕生』
   p.103-128 当該曲が取り上げられていて、その中に「ショパン時代の楽譜出版」の項目あり。
    Kistner出版(ドイツ)について詳しい説明がある。
    ・当時は、総譜(フル・スコア)なしで出版されていたこと。
    ・独奏ピアノ、弦楽器パート譜、管楽器パート譜の22種類のパート譜が出版されていたこと。
    ・販売方法として、「オーケストラ伴奏付き」「五重奏伴奏付き」「ピアノ独奏用」の三種があったこと。
    ・Schlesinger(フランス)も同様の販売方法であること。

 以上のことから、初版ではオーケストラ・スコアではなく、ピアノ譜とオーケストラ・パート譜が出版されたことがわかった。
 
6.サイト「Chopin Online」からデジタル楽譜を検索
  https://chopinonline.ac.uk/cfeo/  (2022/1/24確認)
   「CFEO : Chopin's First Editions Online」では、初版について調査することができる。
下記の楽譜を見ることができる
     ・Schlesinger   ピアノ譜  48p. フランス国立図書館所蔵
              オーケストラ・パート譜   88p. オーストリア国立図書館所蔵
・Kistner ピアノ譜 46p. Poland, Poznań, Ewa and Jeremiusz Glensk private collectionほか
           オーケストラ・パート譜  74p. 〃
     ・Wessel ピアノ譜  46p. British Library
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
器楽合奏  (764 9版)
参考資料
(Reference materials)
Oeuvres pour piano : fac-simile de l'exemplaire de Jane W.Stirling. Chopin. Bibliotheque Nationale, 1982. (C13-703)
Frédéric Chopin : thematisch-bibliographisches Werkverzeichnis. Kobylańska, Krystyna. G. Henle, c1979. [参Chopin](S04-326)
L'œuvre de Frédéric Chopin : manuscrits--partitions annotées--bibliographies et catalogue d'une collection d'éditions anciennes. Jaeger, Bertrand. P. Lang, c2020, (Publikationen der Schweizerischen Musikforschenden Gesellschaft, Ser. 2, v. 60) [参 Chopin||作品カタログ] (S12-556)
Annotated catalogue of Chopin's first editions. Grabowski, Christophe et al. Cambridge University Press, 2010. [参Chopin] (T01-781)
転換期の音楽 : 新世紀の音楽学フォーラム : 角倉一朗先生古稀記念論文集. 『転換期の音楽』編集委員会編. 音楽之友社, 2002. (WS03-476)
ピアノ協奏曲の誕生 : 19世紀ヴィルトゥオーソ音楽史. 小岩信治著. 春秋社, 2012. (WR09-358)
キーワード
(Keywords)
ショパン Chopin
ピアノ協奏曲 ピアノ・コンチェルト
初版
楽譜出版
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000087977解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!