このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-173
事例作成日
(Creation date)
2011/4/7登録日時
(Registration date)
2011年06月23日 02時00分更新日時
(Last update)
2020年07月06日 11時22分
質問
(Question)
堀川通の建物疎開が始まった時期を知りたい。
回答
(Answer)
「京都市における建物疎開について」(『京都市政史編さん通信』第12号に収載)と『醒泉学区強制疎開の記録』によると、堀川通の建物疎開は昭和20年3月に始まったとされる。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館の蔵書検索システムで、キーワード「建物疎開」を検索した。検索結果に表れた資料のうち、『京都における広域建物疎開の実態』を調べたところ、下記の論文が紹介されていた。

2.『京都市政史編さん通信』の第12号に収載されている「京都市における建物疎開について」を調べたところ、堀川通の建物疎開は昭和20年3月に始まったとされる。また、3月末には居住者の移転が完了し、3月半ばから4月半ばにかけて建物のとりこわしが行われたと記述されていた。

3.当館の蔵書検索システムで、キーワード「強制疎開」を検索した。検索結果に表れた資料のうち、『醒泉学区強制疎開の記録』を調べたところ、昭和20年3月に「五条通と堀川の附近が他の地域と共に疎開が開始された」と記述されていた。

(2020年7月2日追記)
4.『建物疎開と都市防空 : 「非戦災都市」京都の戦中・戦後』のp.153に「表4-3 五条通・御池通・堀川通の建物疎開日程詳細」が掲載されており、堀川通の疎開票貼付開始日が1945年3月18日、除却開始日が1945年3月25日ごろと記述されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都における広域建物疎開の実態』 川口朋子著  [京都大学大学院人間・環境学研究科]  [2007] p123-135 (当館請求記号:K1||216.2||Ka92||)
「京都市における建物疎開について」『京都市政史編さん通信』 京都市歴史資料館編刊 12号 2002 (当館請求記号:キヨウ||K)
『醒泉学区強制疎開の記録』 太田嘉三著 太田嘉三 1987 1冊 (当館請求記号:K151||393.6||O81||)
『建物疎開と都市防空 : 「非戦災都市」京都の戦中・戦後』 川口朋子著 京都大学学術出版会 2014 (当館請求記号:K1||216.206||Ka92||)
キーワード
(Keywords)
建物疎開
強制疎開
堀川通
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087836解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!