このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2010-10-001
事例作成日
(Creation date)
2010年10月08日登録日時
(Registration date)
2011年03月19日 16時39分更新日時
(Last update)
2011年03月22日 17時43分
質問
(Question)
横山大観が、明治から大正期の間に島根県に来たようだが、それはいつのことか。
回答
(Answer)
島根県立博物館が昭和59年から昭和60年に発行した『博物館ニュース』に、「横山大観の山陰来遊について」という記事があります。(資料1)
この記事によると、横山大観は山岡米華と共に明治43年8月20日に松江に到着し、約2週間県内に滞在していたそうです。
回答プロセス
(Answering process)
1.「横山大観」(斎藤隆三/著)、「横山大観伝」(茨城県発行)等の横山大観の年譜を見るが、山陰来訪については記述なし。
2.当館の蔵書検索で「横山大観」、「大観」等で検索し資料1~資料3の内容を確認。資料1の(下)に山陰に来遊した年月日の記載があり、当時の新聞記事も紹介されている。
3.資料1にあった「山陰新聞」「松陽新報」の記事を確認する。→資料4、資料5
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『博物館ニュース』No.39~41 島根県立博物館,1984年~1985年 (「横山大観の山陰来遊について」(上・中・下))
【資料2】『グラフまつえ』vol.16 松江市,2003年 (p13~14 「大観の宍道湖真景図」)
【資料3】『湖都松江』vol.16 松江市文化協会,2008 (p36~37「横山大観が描いた宍道湖」)
【資料4】『山陰新聞』明治43年8月21日
【資料5】『松陽新報』明治43年8月20日、21日
キーワード
(Keywords)
横山大観
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000082158解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!