このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077051
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H22-013
事例作成日
(Creation date)
2010年09月05日登録日時
(Registration date)
2011年01月23日 10時56分更新日時
(Last update)
2012年03月29日 14時34分
質問
(Question)
ツンベルクが日本からヨーロッパへ持ち帰った植物の中で、ジンチョウゲに関する記述が見たい。また、持ち帰った植物のリストのようなものがあれば、そちらも見たい。
回答
(Answer)
  ツュンベリーのジンチョウゲに関する記述は、どの資料に掲載があるのか分からず、
 下記資料を提供・紹介した。

  ●提供した資料
 「江戸参府随行記」 C.P.ツュンベリー/著 平凡社 1994
 「日本植物誌 フローラ・ヤポニカ」 シーボルト/著 八坂書房 1992

  ●紹介した資料
 「日本植物誌(Flora Japonica)」 Thunberg,Carl Peter/著
 「泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)」 伊藤 舜民/編著 井上書店 1976
回答プロセス
(Answering process)
  まず、質問者が「江戸参府随行記」を探しているとのことだったので、自館OPACにて所蔵調査をする。

    「江戸参府随行記(東洋文庫583)」 C.P.ツュンベリー/著,平凡社 1994 〔080・s13306477〕
     目次にはジンチョウゲに関する記述のありそうな項は見つけられず。


  Googleにて“ツンベルク”をキーワードに検索してみると、名前の表記にゆれがあるようだったので、
 下記資料を確認する。

    「外国人物レファレンス事典 古代-19世紀 4 R-Z」 日外アソシエーツ 1999 〔R280・s23824907〕
    「外国人物レファレンス事典 古代-19世紀(1999-2009) 2 2 L-Z」 日外アソシエーツ 2010 〔R280・s28495851〕
     P460とP549にそれぞれ Thunberg,Carl Peter の項あり。カタカナ表記に多数のゆれがあることがわかる。


  また、下記資料にも当たることとした。

    「国史大辞典 第10巻 と-にそ」 国史大辞典編集委員会/編,吉川弘文館 1997 〔R210・s07154560〕
     P27 トゥーンベリ の項あり。著書に「日本植物誌」「旅行記」「喜望峰植物誌」とある。
     参考文献として、「ツュンベリー来日200年記念誌」と「シーボルトと日本の植物」が挙げられていた。
     さらに続いて トゥーンベリ日本紀行 の項があり、その参考文献として「ツュンベリー研究資料」
    「日本自然誌の成立」が挙げられていた。

    「西洋人著者名レファレンス事典 2 新訂増補 L-Z」 日外アソシエーツ 2009 〔R283・s28495810〕
     P1112 Thunberg,Carl Peter の項あり。「江戸参府随行記」のほかに、
    ツンベルグの表記で「ツンベルグ日本紀行」(異國叢書,雄松堂出版)の本があることがわかる。


  自館OPACにて、「日本植物誌」「ツンベルグ日本紀行」「ツュンベリー来日200年記念誌」「シーボルトと日本の植物」
 「ツュンベリー研究資料」「日本自然誌の成立」を検索するが所蔵なしのため、県内図書館の所蔵確認をする。

    「ツンベルグ日本紀行(異國叢書第4巻)」 ツンベルグ/著,駿南社 1928 〔210.18〕◆
     第23章 日本の農業 の項に、農業に関わる植物名や江戸参府途上所見の植物名が出てくるものの、
    ジンチョウゲの名は見つけられず。

    「ツュンベリー来日200年記念誌」 スウェーデン大使館・日本植物学会 1978 〔470.2〕◆
     彼の著書や彼を研究した資料が多数紹介されていたものの、どの資料に記載があるのかわからず。

    「ツュンベリー研究資料」 日本学術会議・日本植物学会 1953 〔470.2〕◆
   

  Googleにて“日本植物誌_Thunberg”をキーワードに検索する。

  農学部図書館所蔵資料から見る「農学教育の流れ」(東京大学農学部図書館ホームページ)
   Carl Peter Thunberg の「Flora Japonica(フロラ・ヤポニカ、日本植物誌)」についての説明があり、
  約812種の日本の植物が記載されていることがわかる。

  日本植物学界の父 ツュンベリー(長崎大学附属図書館医学分館所蔵近代医学史デジタルアーカイブズ)
   ツュンベリーの説明の中に、Flora Japonica をシーボルトが伊藤圭介に与え、これを元に圭介が
  「泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)」著したことが書かれている。

 ※〔 〕内は自館請求記号と資料コードです(〔 〕の後ろに◆のあるものは、他館より借用した資料です)。
事前調査事項
(Preliminary research)
 質問の内容について調べており、「江戸参府随行記(東洋文庫583)」(平凡社)に何か記述があるのではないかと思い資料を探している、と質問者より受け付けした。
NDC
植物学  (470 9版)
参考資料
(Reference materials)
「江戸参府随行記」 C.P.チュンベリー/著 平凡社 1994
「日本植物誌 フローラ・ヤポニカ」 シーボルト/著 八坂書房 1992
キーワード
(Keywords)
Thunberg(ツュンベリー、ツンベルク など)
日本植物誌
Flora Japonica(フローラ・ヤポニカ など)
泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
後日、この事例を参照した他館からの情報提供により、フランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France: BnF)の電子図書館GallicaでThunbergの"Flora Japonica"のデジタル画像が公開されていることがわかりました。

Caroli Petri Thunberg (著者)
Flora Japonica (書名)
1784 (出版年)
http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k107847m  (2012/3/29確認)

p.150に"Daphne"(ジンチョウゲ)がありました。
http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k107847m/f232.tableDesMatieres  (2012/3/29確認)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077051解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!