このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
中央-2010-07
事例作成日
(Creation date)
2010/9/20登録日時
(Registration date)
2011年01月14日 02時00分更新日時
(Last update)
2021年02月25日 14時10分
質問
(Question)
明治24年ころの郵便の消印に「ホ印」「ロ印」「ヘ印」がある。どのような意味か、経緯などがわかる資料をさがしている。
回答
(Answer)
資料1:
「19世紀の郵便-東京の消印を中心として」浅見啓明著に「表1 東京の集配数の変遷」があり、消印や集配便数に関して詳しい表がある。明治8年の集配時間に、「い便」は8時10分・30分、「ろ便」は9時25分・45分、とあり集配した時間によって「い」「ろ」「は」から「ぬ」までの消印を押したことがわかる。
明治15年の表からは「いろは」にカタカナが使われている。

資料2:
「明治21年7月23日公達169号により、丸一型日附印が、明治21年9月1日より使用開始になりました。」東京本局の「丸一型印の便号は、ご承知のようにイからロ、ハ、ニ、ホ、ヘ、ト、チ、リ、ヌ、ル、ヲ、ワと13便あり、・・・」とある。
資料2の著者が参考資料としてあげているものに国立国会図書館所蔵の『丸一型日附印-その誕生と物語』吉田景保・北上健・山田政市共著 むさしスタンプ 1972(いずみ切手研究会創立10周年記念誌 第3冊)がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
郵便.郵政事業  (693 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 郵便史研究 19号 2005年3月 / 郵便史研究会 , 20050325
【資料2】 東京の日附印 / 山田政市∥編 . 増補改訂版 / いずみ切手研究会 , 1972.7 ( いずみ切手研究会創立10周年記念誌 第1冊 ) <6939/1/72>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000076462解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!