このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072796
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006333
事例作成日
(Creation date)
2010年04月11日登録日時
(Registration date)
2010年10月27日 11時50分更新日時
(Last update)
2010年10月27日 11時50分
質問
(Question)
「勝負は下駄を履くまでわからない」という言葉の意味と由来を知りたい。
回答
(Answer)
勝負はどう決着がつくか、最後の最後までわからない。「下駄を履く」は、「物事が無事終わり、帰る支度をする」という意味。「下駄をはくまで~ない」の初出は江戸時代。由来は不明。
回答プロセス
(Answering process)
1.『日本国語大辞典』第4巻(小学館国語辞典編集部編集 小学館 2001年)、『成語大辞苑:故事ことわざ名言名句』(主婦と生活社 1995年)、『明鏡ことわざ成句使い方辞典』(北原保雄編著 大修館書店 2007年)を見るが記載なし。

2.『新明解国語辞典』(山田忠雄編 三省堂 2005年)には「下駄」の用例として、『広辞苑』(新村出編 岩波書店 2008年)には「下駄をはく」の用例として記載あり。

3.『日本語慣用句辞典』(米川明彦編 東京堂出版 2005年)には、「下駄を履く」の意味と、用法として文型「下駄をはくまで~ない」〔江戸〕とあり、「下駄をはくまで~ない」の文型の初出は江戸時代であることがわかる。

4.『江戸時代語辞典』(潁原退蔵著 角川学芸出版 2008年)、『江戸語大辞典』(前田勇編 講談社 2003年)、『絵解き江戸っ子語大辞典』(笹間良彦著画 遊子館 2003年)には、「下駄を履く」の別の意味(買い物の上前をはねる)のみ記載。

5.『故事・俗信 ことわざ大辞典』(尚学図書編集 小学館 1982年)にも別の意味のみ記載。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新明解国語辞典』(山田忠雄編 三省堂 2005年) (p445)
『日本語慣用句辞典』(米川明彦編 東京堂出版 2005年)
 (p163)
キーワード
(Keywords)
勝負は下駄を履くまでわからない
日本語
慣用句
下駄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
日本語(方言等)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000072796解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!