このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
八幡児童 100
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年09月30日 13時41分更新日時
(Last update)
2019年09月01日 12時00分
質問
(Question)
地上で無重力状態を作ることはできますか?そのことが分かる資料はありますか?
回答
(Answer)
無重力状態をつくることは出来ませんが、体験することはできます。

『みんなの宇宙授業』 中川 人司/著 くもん出版 2010年
には、「落下塔」「パラボリックフライト」「かんたんな無重力実験」(ペットボトルを使った実験)が掲載されています。

『宇宙検定100 3 宇宙環境』 渡辺 勝巳/監修 星の環会 2009年
には、「地上でも無重力体験」(エレベーターでたとえて説明)「フリーフォールやバンジージャンプ」(遊園地のアトラクションで説明)「航空機をつかって無重力体験」が掲載されています。

『宇宙飛行士大図鑑』 PHP研究所/編 PHP研究所 2006年
には、「無重力体験訓練」(宇宙飛行士の訓練方法を紹介)「無重力を体験しよう!」(フリーフォールでたとえて説明)が掲載されています。

『宇宙のサバイバル 1』 洪 在徹/文 朝日新聞出版 2008年
には、漫画で「6章 無重力体験の飛行」(この章の解説で「イリューシン76に乗って体験できる無重力は、厳密に言えば重力がない状態ではなく重力を感じない状態です。」と記載)が掲載されています。

YAHOO!JAPANで「地上 無重力」というキーワードで検索すると
「宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター」がヒットしました。ここでは「地上での無重力実験」( http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/weightlessness_earth.html   2019/09/01 リンク切れ確認)が紹介されています。

児童文化科学館に問い合わせると、「地上で無重力を作ることは無理ですが、無重力状態を体験することはできます。宇宙飛行士の訓練が有名ですが、飛行機に乗って落下する、水中で作業する、という方法で無重力を体験することはできます。スペースワールドに行くと、地球の重力の約6分の1の月の重力なら体験することができます。」という回答をいただきました。
回答プロセス
(Answering process)
「重力」「無重量」「宇宙飛行士」のキーワードで、宇宙に関する本を確認していきました。
その後、YAHOO!JAPANで「地上 無重力」「地上 無重量」でも検索し「宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター」にたどり着きました。
科学のレファレンスなので、図書館の近くにある「児童文化科学館」にも問い合わせました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『みんなの宇宙授業』 中川 人司/著 くもん出版 2010年 <440/ナ> 132~133頁
『宇宙検定100 3 宇宙環境』 渡辺 勝巳/監修 星の環会 2009年 <538/コ/3> 6~7 頁
『宇宙飛行士大図鑑』 PHP研究所/編 PHP研究所 2006年 <538/ピ> 19頁、22頁
『宇宙のサバイバル 1』 洪 在徹/文 朝日新聞出版 2008年 <538/ホ/1> 84~99頁
『毎日小学生新聞マンガで理科きょうのなぜ? 6』毎日小学生新聞編集部/著 偕成社 2009年 <400/マ/6>
『じゅうりょくってなぞだ!』 フランクリン M.ブランリー/作 福音館書店 2010年 <E/ミ>
宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター
http://spaceinfo.jaxa.jp/ (最終確認日:2019/09/01)
キーワード
(Keywords)
重力
無重量
照会先
(Institution or person inquired for advice)
北九州市立児童文化科学館(093-671-4566)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000071891解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!