このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
若松一般 179
事例作成日
(Creation date)
2010年09月22日登録日時
(Registration date)
2010年09月22日 11時37分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 15時33分
質問
(Question)
「弘法にも筆の誤り」ということわざが広く知られていますが、
ここでいう弘法が、何という字を間違ったのかを教えてください。
回答
(Answer)
応天門の「応」の字を間違ったようです。
今昔物語集 (巻十一の九話)に、勅命によって諸門の額を書くことになった弘法大師が、額を応天門に打ち付けてから見たところ、初めの字「応」の点が無く、筆を投げて点を打ったという逸話があり、この話からことわざが生まれたようです。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館所蔵のことわざ辞典で、「弘法にも筆の誤り」を調べたところ、弘法大師が勅命により諸門の額を書くことになったが、応天門の額を打ち付けてから見たところ、初めの字の点が無く、驚いて筆を投げ点を打ったという話が今昔物語集 巻十一の第九話にあり、このような話からこのたとえが生まれたとの記述がありました。

『世界の故事・名言・ことわざ・総解説』自由国民社 P123


2.自館所蔵の語源辞典でも調べてみたところ、嵯峨天皇の命令で応天門の額の字を書いたが、「應(応)」の字の「心」の点を一つ落としてしまい、そこからこの句が使われるようになったとの記述がありました。

『暮しのことば語源辞典』講談社 P262


3.確認のため、今昔物語集を調べてみたところ、確かに巻十一の第九話に『弘法大師宋に渡り真言の教へを伝えて帰り来る語 第九』(弘法大師渡宋伝真言教帰来語第九)という逸話があり、「亦、応天門ノ額打付テ後、是ヲ見ルニ、初ノ字ノ点既ニ落失タリ」(ところが応天門の額をうちつけてから見ると、「応」の字の最初の点がいつのまにかなくなっている)との記述を確認できました。

『今昔物語集 一 日本古典文学全集21』 小学館 「弘法大師渡宋伝真言教帰来語第九」 P110~111
 (補足:表題の「宋」は、正しくは「唐」とあるべきところ~との解説がありました。本来は「弘法大師渡唐伝真言教帰来語第九」という題が正しいようです。)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『世界の故事・名言・ことわざ・総解説』
自由国民社,1999年
<813.4/セ>,(123頁)
『暮しのことば語源辞典』
山口 佳紀編,講談社,1998年
<R812/ヤ>,(262頁)
『日本古典文学全集21 今昔物語集1』
小学館,1971年
<918/ニ/21>,(110頁-111頁)
キーワード
(Keywords)
弘法にも筆の誤り
弘法も筆の誤り
弘法
ことわざ
由来
今昔物語集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000071635解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!