このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071263
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
若松一般 54
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年09月15日 17時59分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 15時36分
質問
(Question)
江戸時代に広く流通した貨幣、「寛永通宝」の一文は、現在でいえばおよそ何円くらいなのでしょうか。
参考になる資料がありましたら、教えてください。
回答
(Answer)
普遍的な値を明示することは不可能ですが、あくまで一時代の貨幣価値としては以下のようです。

江戸の代表的な外食メニューである蕎麦が16文で食べられたそう。
現在なら600円ほどで食べられるとして、16文≒600円、すなわち1文≒37.5円ほどの計算です。
回答プロセス
(Answering process)
相場の変動、または飢饉や悪貨の鋳造によるインフレなどが起こっており、江戸時代を通しての価値を明示することは不可能です。
が、当時における庶民の生活や世相を通して、ある程度の推測は可能となります。

『日本史小百科 貨幣』に寛永通宝についての詳細記事があり。
寛永十三年(1634年)に鋳造されてより、幕末まで長く流通した銭貨であるとされています。
よって今回の質問の『寛永通宝の一文が』の部分を『江戸時代の一文が』に置き換えてもほぼ問題ないと思われます。

江戸時代における物価、またそれらの推移が載っている資料を探し、
「庄屋日記にみる江戸の世相と暮らし」、「お江戸の意外なモノの値段」、左記二冊を抽出。
冒頭に述べた事項をお伝えした上で、資料をお渡ししました。

後日調査として、江戸東京博物館にずばりの値段をお尋ねしようとしましたが、電話がつながらず。
その翌日に東北関東大震災が起こり、臨時閉館とのことで、質問は叶いませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『貨幣 (日本史小百科)』
     滝沢武雄編、西脇康編
     東京堂出版、1999年
     <337.2/タ>、(189頁)
『庄屋日記にみる江戸の世相と暮らし』
     成松佐恵子著
     ミネルヴァ書房、2000年
     <210.5/ナ> (中央図書館所蔵)
『お江戸の意外な「モノ」の値段』
   中江克己著、PHP研究所、2003年
   <G337.8/ナ>
キーワード
(Keywords)
寛永通宝
貨幣
物価
照会先
(Institution or person inquired for advice)
江戸東京博物館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000071263解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!