このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-02-044
事例作成日
(Creation date)
2002/11/21登録日時
(Registration date)
2010年07月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年02月13日 16時22分
質問
(Question)
わらべ歌「さいじょさんはきりふかし、ちくまのかわはなみあらし~」で始まる歌詞を知りたい。
回答
(Answer)
以下参考資料に記載されていたのでご紹介しました。
旗野十一郎(たりひこ)作詞、小山作之助作曲の「川中島」が原曲のお手玉歌のようです。

「西条山は霧深し 筑摩の河は浪あらし
 遥かにきこえる 物音は
 逆巻く波か つわものか
 昇る朝日の 旗の手の
 ひらめくひだの クル クル
 クルーのばかりの じんぞのえ
 めぐるあいも 鬨(とき)の声
 あわしろたえも あわしろく
 敵はこのかた かすみふく
 川中島の 戦いに
 かたるも聞くも 勇ましや」

『日本わらべ歌全集 13』p244
【参考歌】 旗野十一郎(たりひこ)作詞、小山作之助作曲の「川中島」 

西条山は霧ふかし。
筑摩の河は浪あらし。
遙にきこゆる物音は、逆捲く水か。つわものか。
昇る朝日に、旗の手の、きらめくひまに、くるくるくる。
車がかりの陣ぞなえ。めぐるあいずの鬨の声、あわせるかいも、あらし吹く、
敵を木の葉とかきみだす、川中島の戦は、かたるも、聞くも、勇ましや。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『長野県史 民俗編 第4巻(3)北信地方』p299に載っている。
NDC
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
『日本わらべ歌全集 13』町田 等/著 柳原書店 1981.12 <388ニ13> (p244-245)
『唄のふるさと』信濃毎日新聞社編集局/編 信濃毎日新聞社 1994 <N760ウ> (p136)
キーワード
(Keywords)
長野県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069599解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!