このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-190
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年03月10日 18時19分更新日時
(Last update)
2021年07月28日 11時16分
質問
(Question)
明治14(1881)年、安部磯雄の日記に「那勒翁」という言葉(人名?)が出ている。
その読み方が知りたい。ナポレオンか?
回答
(Answer)
残念ながら「那勒翁」の読みの特定は出来ませんでした。
ナポレオンは「拿波崙」、「奈翁」、「那波列翁」と書くようです。

詳細は回答プロセスをご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1. ネット上
  →なし

2. 各種データベース
  →なし

3. 『宛字外来語辞典』
  →なし

4. 『漢訳漢名西洋人名字典』
  →「那勒翁」の記載はなし。ナポレオンは、「拿波崙」、「奈翁」、「那波列翁」となっている。
    他に「那」から始まる人名は、「那永福(Nativite)」、「那發累退(ナバレテ, Navarrete)」、「那然(ノーゼンド, Northend)、
「那爾敦(ノルトン, Knowlton)」、「那裨亜(ネーピア, Napier)」、「那斎摩伐(ナジモーヴァ, Nazimova)」などがある。

5. 『漢訳漢名欧米人名及びその著訳書一覧稿』
→「那勒翁」の記載はなし。ナポレオンは、、「拿波崙」、「奈翁」。
    「那」から始まる人名は、 「那爾敦(ノルトン, Knowlton)」、「那發累退(ナバレテ, Navarrete)」。

6. 『漢訳漢名西洋人名字典』準備版
→「那勒翁」の記載はなし。ナポレオンは、「拿波崙」。
    「那」から始まる人名は、「那永福(Nativite)」、「那法葉(Cofayette)」、「那斎摩伐(Nazimova)」、「那爾敦(Knowlton)」。

7. 『標準漢譯外國人名地名表』
→「那勒翁」の記載はなし。ナポレオンは、「拿波崙」。
「那」から始まる人名は上記のもの以外に多数掲載あり。
    「那勒翁」に一番近かったのは「那勒甫, Narew」だが、これは地名と思われる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『宛字外来語辞典』(東京 : 柏書房 , 1979.11) (大今図 B2階書庫 813.7||A)
『漢訳漢名西洋人名字典』(天理市 : 天理大学出版部 , 1964.6) (大今図 3階北書庫 280.3||K)
『漢訳漢名欧米人名及びその著訳書一覧稿』(仙台 : 東北大学附属図書館 , 1966) (大今図 3階北書庫 280.3||Y266)
『漢訳漢名西洋人名字典』準備版(天理 : 天理大学図書館学研究室 , 1957.10) (大今図 3階北書庫 280.3||S9422)
『標準漢譯外國人名地名表』影印版(東京 : 汲古書院 , 1975.8) (大今図 参考室 280.3||H)
キーワード
(Keywords)
同志社関係
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
(2021/7/27追記)一般個人の方から、以下の情報を提供いただいた。

------------------------------

質問者がお尋ねの「那勒翁」は「那勃翁」ではないか。
「那勃翁」 ならば明治期にナポレオンの表記としてよく使われていた。
フリガナが振られており、かつオンラインで参照できるものとしては以下の資料がある。
「ナ」「ポレ」「ヲン」に「那」「勃」「 翁」と字をあてていたこともわかる。

1. 尾崎紅葉「隣の女」『紅葉全集 第4巻』(博文館, 1904年)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/886308/8 [参照 2021-07-27]
(p.4の右から4行目)

2. 『大日本時代史 維新史』(早稲田大学出版部, 1907年)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/770065/269 [参照 2021-07-27]
(p.517の左から6行目)

3. 菅谷秋水『北条時宗』(如山堂, 1909年)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/781970/13 [参照 2021-07-27]
(p.6の右から9行目)

4. 末広鉄腸『花間鶯』(金港堂, 1888年)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/885846/108 [参照 2021-07-27]
(中編(合冊)p.12の右から6行目)

5. 『昭代史要』(官令新誌附録)
https://hdl.handle.net/2027/mdp.39015080668190?urlappend=%3Bseq=1078 [参照 2021-07-27]
(二編巻十一の1880年10月23日の条の左から5行目)

安部磯雄の日記における記述が質問の通り「那勒翁」であったならば、 安部磯雄の誤記ないし誤植の可能性もある。
あるいは外国人名に対する当字が濫立した時期でもあるため、別の表記として「那勒翁」が存在した可能性も考えられる。

------------------------------

あらためて当館で安部磯雄の日記について確認したところ、現在は以下の資料があることがわかった。

・安部磯雄日記翻刻委員会『安部磯雄日記:青春編』(『新島研究』第100号別冊, 2009年2月, 同志社社史資料センター)
早稲田大学大学史資料センター(安部磯雄文庫)所蔵の日記のうち、1881年~1895年が翻刻されている。
p.12の明治14(1881)年4月24日に「那勒翁」と記述があり「ナポレオン」とルビがふられている。

・早稲田大学文化資源データベース
https://archive.waseda.jp/archive/index.html  [参照 2021-07-27]
>保守と革新の近現代史データベース>安部磯雄文庫>〔安部磯雄日記(同志社時代)〕
『新島研究』で翻刻された資料の原本(早稲田大学大学史資料センター所蔵)の画像が公開されている。
コマ16に明治14年4月24日の該当部分(左から5行目)があり、「那勒翁」と読めるようだが、手書きのため断定できなかった。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000064539解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!