このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058429
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-0C-200907-02
事例作成日
(Creation date)
2008/08/16登録日時
(Registration date)
2009年09月30日 02時10分更新日時
(Last update)
2010年12月13日 19時39分
質問
(Question)
1.北斎の本名 2.北斎の娘(先妻の娘、後妻の娘)について、名前とだれが先妻の子かなどが知りたい。
回答
(Answer)
1.葛飾北斎の本名 は、川村鉄蔵。 
「世界大百科事典 5 改訂新版 カウ-カヘチ」(平凡社,2007.9)より
「日本人名大事典」の項目「葛飾北斎」に、「姓は川村のち中島。」と記載あり。
「国語大辞典」の項目「葛飾北斎」に、「本姓、中島。幼名、時太郎、のち鉄蔵。」と記載あり。

2.先妻との間に、一男二女 長女 阿美与(お美与)、次女 阿鉄、長男 富之助
 後妻との間に、一男二女 次男 崎十郎、三女 阿栄(お栄)、四女 阿猶(お猶)
後妻との間の子、三女のお栄(おえい)は、浮世絵師 葛飾応為(かつしかおうい)としても活躍していた。
下記資料にて確認
・商用データベース「eレファレンスツール」
・「葛飾北斎伝」(飯島 虚心著、岩波書店,1999.8)
・「大北斎展」(朝日新聞社,1993)
回答プロセス
(Answering process)
1.本名について
商用データベース「ジャパンナレッジ」で「葛飾北斎」を検索
「日本人名大事典」の項目「葛飾北斎」に、「姓は川村のち中島。」と記載あり。
「国語大辞典」の項目「葛飾北斎」に、「本姓、中島。幼名、時太郎、のち鉄蔵。」と記載あり。
「世界大百科事典」の「葛飾北斎」の項目より、姓 川村 名 鉄蔵 とわかる。

2.娘について

1)e-レファレンスツール
 “北斎”ד娘”を検索→該当なし。
 “北斎”では7件あり。
 うち、葛飾応為(かつしかおうい)が、 葛飾北斎の3女。

2)「日本女性人名総索引」
「葛飾北斎の娘」の項目あり、「葛飾栄」「葛飾応為」の項目あり。

3)北斎の年表、年譜で参考資料をさがす
当館蔵書をフリーワード“北斎”ד年表”で検索、該当したものの内容を確認。
家族の名などの情報の記載があったもの
・「大北斎展 : 江戸が生んだ世界の絵師 解説編」朝日新聞社編集、朝日新聞社,1993<当館書誌ID;0010562549>
 →長女 阿美与(おみよ)、四女 阿猶の名の記載あり
・「北斎」永田 生慈/編著、ソフィア,1993.1<当館書誌ID;0000299710>
 →p79-81年譜あり。三女 阿栄の文政12年の項目に記載あり
・「葛飾北斎伝」飯島 虚心 著;鈴木 重三 校注:岩波書店,1999.8<当館書誌ID;0000758354>
 →p306-308.315に記述あり。
  先妻(一男二女)富之助、阿美与(おみよ)、阿鉄
  後妻(一男二女)崎十郎、阿栄、阿猶

4)インターネット情報を検索
Google(葛飾北斎×娘×先妻×後妻)検索
<補足>個人サイトに記載を確認(出典なし)
先妻との間に、一男二女 長女 お美与、次女 お辰、長男 富之助
後妻との間に、一男二女 次男 崎十郎、三女 お栄、四女 お猶
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 9版)
参考資料
(Reference materials)
「世界大百科事典 5 改訂新版 カウ-カヘチ」平凡社,2007.9発行、ISBN 978-4-582-03400-4<当館書誌ID:0011498428>
「大北斎展」朝日新聞社編集、朝日新聞社,1993<当館書誌ID0010562549>
「日本女性人名総索引 上 あ~ち」<0010379074>日本図書センター,2002.9発行<当館書誌0000299710>
「北斎」永田 生慈/編著、ソフィア,1993.1<当館書誌IDID:0010379074>
「葛飾北斎伝」飯島 虚心 著 鈴木 重三 校注:岩波書店,1999.8<当館書誌ID0000758354>
商用データベース「ジャパンナレッジ」「日本人名大事典」「国語大辞典」
商用データベース「eレファレンスツール」人物情報
キーワード
(Keywords)
葛飾北斎
川村鉄蔵
葛飾応為
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
商用データベース「e-レファレンス/ツール」は、2010年6月から「e-レファレンス・ライブラリー」(日外 人物・出版情報) に変更。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000058429解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!