このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2009T0310
事例作成日
(Creation date)
2009/04/13登録日時
(Registration date)
2009年06月16日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年06月16日 02時11分
質問
(Question)
近世以前の日本の人口について知りたい。
回答
(Answer)
日本書紀によれば、崇神天皇12年に人口調査(校民)が行われた。
 
670(天智天皇9)~824(天長元)年 
  全国の人口調査「庚午年籍」(6年1造を原則とする定期的な造籍)が
  行われたが、調査結果は現存していない。
 
奈良時代(710~784年) 
  600万~700万人(内、良民560万人)とする推計、500万人とする推計など
  があるが、人口調査が行われていたかどうかは不明。
   
 *11世紀以降、荘園経済の時代は人口調査空白の時代。
  平安時代から室町時代に至る期間の人口を知る手がかりは乏しく、
  わずかに伝説的な人口を伝える史料があるにすぎない。(『国史大辞典』)
 
1600(慶長5)年頃 1800万人とする推計、1200万とする推計がある。  
          
1671(寛文11)~1871(明治4)年 宗門人別改
 
1721(享保6)~1846(弘化3)年
 1721年 江戸幕府初の全国人口調査(子午改)。
 1726(享保11)年から6年に一度 弘化3(1846)年まで19回の記録が
 伝えられており、この内、国別人口がわかるのは12回分。
 
【参照文献】
『国史大辞典』吉川弘文館 1986(当館請求記号:GB8-60)
   第7巻「人口」の項目中、「日本の人口の推移」
 『国勢調査以前日本人口統計集成』東洋書林 1993 (当館請求記号:DT221-E116)
   別巻1 「江戸時代全国国別人口表-幕府調査-」 
 『人口から読む日本の歴史』鬼頭宏 講談社 2000 (当館請求記号:DC721-G51)
   16-17頁「表1 日本列島の地域人口:縄文早期~2100年」         
『人口大事典』培風館 2000(当館請求記号:D2-G300)
   第1部 世界の人口 3 日本人口の史的発展 
    91頁「表3-4 地域別人口と人口増加率」
    92頁「表3-5 徳川中後期の地域別人口推計」    
 『日本人の事典』朝倉書店 2003(当館請求記号:SA51-H2)
   51 日本人の人口
    631頁「表51.1 縄文~弥生時代の地域別日本人口」
    634頁「表51.3 古代から中世の人口資料」
    637頁「表51.6 江戸時代の日本人口:幕府の人口調査(子午改)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口.土地.資源  (334 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本
人口
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000055711解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!