このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2008T1209
事例作成日
(Creation date)
2008/12/09登録日時
(Registration date)
2009年05月01日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年05月01日 10時59分
質問
(Question)
「ボーナス」の語源は何か。
インターネット情報によれば、英語の「Bonus」の語源はラテン語の「Bonus」であり、ラテン語のそれはローマ神話の神「Bonus Eventus」に由来するとされているようだが、いかがか。
回答
(Answer)
資料1には、ラテン語でgoodを意味するbonusが語源とされている。また、資料1、2によれば、証券取引所のスラングが起源の可能性もありとのことである。資料3には、「(株などの)特別配当金」、「good thingを意味するbonumの代わりに戯言的に用いられた」とある。
一方、資料4~7、及びそのほかの神話関係、外来語、事物起原辞典類などの資料には、ボーナスの語源が神話の神であるとの記述は見当たらなかった。

資料
1.The Oxford English dictionary.. -- 2nd ed.. -- Clarendon Press, 1989.(KS12-A41)
  2巻p.390
2.The Oxford dictionary of word histories / edited by Glynnis Chantrell.. -- Oxford University Press,
  2002.(KS12-A204)
  p.62
3. 英語語源辞典 / 寺澤芳雄. -- 研究社, 1997.6(KS12-G73)
  p.142
4. 羅和辞典 / 田中秀央. -- 増訂新版. -- 研究社辞書部, 1966(892-Ta727r2-(s))
  p.76
5. 外来語の語源 / 吉沢典男,石綿敏雄. -- 角川書店, 1979.6. -- (角川小辞典 ; 26)(KF7-36)
  p.572に「ラテン語bonus(よい)」との記事があるが、神と関係する記事は見当たらない。
6.ギリシア・ローマ神話辞典 / 高津春繁. -- 岩波書店, 1960(162.91-Ko727g)
  p.263に「ローマの好い収穫の神」として「ボヌス・エーウェントス Bonus Eventus」が記されているが、ボーナスの語源との記事は見当たらない。
7. Brill's New Pauly : encyclopaedia of the ancient world / edited by Hubert Cancik and Helmuth Schneider..
  -- English ed. / managing editor, Christine F. Salazar.. -- Brill, 2002-(G2-B2)
  2巻p.722に、ローマの12の地方の神であり、「果実」の神である旨の記述はあるが、ボーナスの語源との記事は見当たらない。

書誌事項末尾の( )は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (832 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
英語 -- 語源
ボーナス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054357解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!