このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20080047
事例作成日
(Creation date)
2008年07月18日登録日時
(Registration date)
2008年12月25日 15時52分更新日時
(Last update)
2010年02月14日 11時48分
質問
(Question)
現在国内で綿花は栽培されているか。そのデータなどを知りたい。
ある本には消滅したと書いてあるが本当か。

回答
(Answer)
参考資料(1)ワタの項には「明治以降の日本の綿作は安価な外国綿の輸入によって20世紀初頭に壊滅
する。」とあり。
参考資料(2)にも「日本の国内綿作は,これ(輸入解禁)を転機に数年ならずして消滅した。」とあり。
当館所蔵の最も古い「作物統計 昭和35年産」(参考資料(3))には「わた」の都道府県別作付面積,
反当収量,実収高あり。
作付面積は全国740町。
「同 昭和37年産」(参考資料(4))では作付面積は全国510町,主産県 佐賀・鳥取・茨城とあり。
「同 昭和41年産」には工芸作物編に「わた」の項目なし。
昭和40年頃を境として農林水産統計から「わた」の項目がなくなっているようなので他の統計資料を確認。
「ポケット農林水産統計 1965年版」(参考資料(5))には昭和34年から39年の作付面積,収穫量あり。
1968年版には工芸作物に「わた」の項目なし。
参考資料(6)1960年には「わた」の項目あり。
参考資料(7)昭和31年には昭和27~31の作付面積,反収,実収高あり。
日本綿業振興会のホームページには綿の花とボールを鑑賞できる場所として「綿の栽培地
ガイド」が掲載されている。


回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
作物栽培.作物学  (615 9版)
繊維工学  (586 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1)『世界大百科事典 30』平凡社 2007 (p572)
(2)『新・木綿以前のこと:苧麻から木綿へ』永原慶二/著 中央公論社 1990 (p213)
(3)『作物統計 [第3回] 昭和35年産』農林省農林経済局統計調査部作物統計課/編 農林統計協会 1961
 (p463)
(4)『作物統計 No.5 昭和37年産 』農林省農林経済局統計調査部作物統計課/編 農林統計協会 1963 (p440)
(5)『ポケット農林水産統計 1965年版』農林省農林経済局統計調査部/編 農林統計協会 1965 (p183)
(6)『1960年世界農林業センサス市町村別統計書 No.34』農林省農林経済局統計調査部/編 農林統計協会 1962 (A72)
(7)『鳥取県統計書 昭和31年』鳥取県総務紡統計課/編  1958 (p79)
日本綿業振興会のホームページ  http://www.cotton.or.jp/  (最終確認2008.12.25)
キーワード
(Keywords)
綿花
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049992解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!