このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
上越市立高田図書館 (2310115)管理番号
(Control number)
1000000006
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2008年06月27日 17時43分更新日時
(Last update)
2009年05月01日 19時31分
質問
(Question)
「日本三大夜桜の一つ」とも言われる高田公園の桜が植えられた経緯を知りたい。
回答
(Answer)
『上越市史 普及版』41pまたは354pに記述がある。

明治42(1909)年に陸軍第十三師団が高田に設置されることが決まったのを記念して、
在郷軍人団が寄附金を募り、植えたものである。
主体はソメイヨシノである。
当時は2,200本の苗が植えられた。
公園内、市営総合競技城の入り口に「桜之碑」が建てられている。

毎年4月の高田城百万人観桜会は大正15年4月を第1回とし、平成21年には第84回を数えている。
平成21年現在、その後の植樹等により公園内の桜は約4,000本となっている、と上越市は発表している。
また観桜会期間中には約3,000個のぼんぼりが設置される。
昭和22年4月6日付け文化自由新聞は「全国三大夜桜の一つにまで数えられ」と報じた。

昭和55年には市の木として制定され、平成2年4月には高田公園が桜の名所百選の地に選ばれている。
回答プロセス
(Answering process)
上越のことは上越市史をまずあたる。
『上越市史 普及版』・・・目次から第1章第3節1内に「高田公園のサクラとハス」(41p)、第8章第3節に「高田の花見」(354-355p)を見つける。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『上越市史 普及版』(上越市史編さん室/編,上越市,1991,41pまたは354-355p)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000045373解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!