このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-0964
事例作成日
(Creation date)
2008/03/31登録日時
(Registration date)
2008年04月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年06月16日 15時37分
質問
(Question)
落雁や諸越など、型を使用した和菓子、打物(うちもの)の起源や伝来について知りたい。
回答
(Answer)
『「菓子型の世界」展』虎屋文庫 1996 p.9に以下の記述があった。
“型を使った菓子はいつ頃から作られたのだろうか。型が現存していないので確かなことは不明だが、日本では平安時代の『源氏物語』に見える粉熟(ふずく)が早い例と思われる。『源氏物語』の注釈書『原中最秘抄(げんちゅうさいひしょう)』(14世紀成立)によれば、粉熟は稲(米)、麦、大豆、小豆、胡麻などの粉に、甘葛(あまずら)を加え、こねた物をゆでて餅のようにしてから、竹筒に入れてしばらく置いた後、突き出して切ったものと解釈される。”
この「粉熟(ふずく)」に関しては、『落雁』徳力彦之助著 三彩社 1967 p.27-28 で、唐菓子(からくだもの)の一つに数えられている。
『事典和菓子の世界』中山圭子著 岩波書店 2006 p.107「唐菓子」の項目では、「唐菓子」とは、 “七~九世紀にかけて、遣唐使によって伝来した菓子とされる。” とあり、打物の起源は遣唐使とともに伝来したものと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 8版)
参考資料
(Reference materials)
『「菓子型の世界」展』虎屋文庫 1996
『落雁』徳力彦之助著 三彩社 1967
『事典和菓子の世界』中山圭子著 岩波書店 2006
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000043258解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!