このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20070008
事例作成日
(Creation date)
2004年10月22日登録日時
(Registration date)
2008年01月24日 11時50分更新日時
(Last update)
2008年02月06日 14時31分
質問
(Question)
メタセコイヤが広島に初めて来た年とその経路について知りたい。日本へ入ってきた経路については,『原色樹木大図鑑』に1949年カリフォルニア大学教授チェネーが天皇陛下に献上したのが最初と記述あり。
回答
(Answer)
メタセコイヤが広島に来た年及び経路については参考資料(1)『広島県植物誌』p81「メタセコイア(アケボノスギ)」の項に次の記述があります。
「戦後に県内にもたらされた。広島市中区東千田町の旧広島大学キャンパスの並木は昭和27~28年ころに植栽されたもので,県内への導入としてはごく初期のものである。」
参考資料(2)『メタセコイア』p169には昭和25年にチェイニーから100本の苗木がメタセコイア保存会に贈られ,東京と京都で半分に分け各地に分配したとありますが,広島は分配先にはあげられていません。
P175には,その後100本の苗木から挿木で増やされたメタセコイアは日本各地に植栽されていったとあります。
その他参考資料に掲げている資料にもメタセコイアの名は出てきますが,広島に最初に植えられた経緯と時期については不明です。
参考資料(3) p22 広島平和大通りや広島市の矢賀~府中間の中央分離帯に植樹とあり。
参考資料(4) p4 昭和32年広島大学森戸学長の世界への呼びかけに送られたもの,それに応じ己斐植木組合が植えたものが白神社前にある。
参考資料(5) p62 森戸学長の植樹と旧東千田町キャンパスのメタセコイア通りについて記述あり。
参考資料(6) p22~25 「生きている化石メタセコイア」と題し,メタセコイアがアメリカからもたらされた経緯と鈴峯学園のメタセコイアについて記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
裸子植物  (478 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1) 『広島県植物誌』(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所 比婆科学教育振興会/編 中国新聞社 1997)
(2) 『メタセコイア :昭和天皇の愛した木』(斎藤清明/著 中央公論社 1995)
(3) 『樹木の栞 五訂』(広島県造園建設業協会 1995)
(4) 『平和大通 樹木のしおり [正]』(竹屋公民館・平和大通“樹の会”/編 1987)
(5) 『広島大学史紀要』第1号(1999.3)
(6) 『Scopeスコープ』Vol.3(2004.10.30 トーク出版)
キーワード
(Keywords)
アケボノスギ
メタセコイア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000041269解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!